FC2ブログ

「筋肉疲労が病気の原因だった!?」の衝撃!

すごい本を読んで、なかなかまとめられなくて、図書館の本なのに延長してず〜っと手元に置いてある。

fc2blog_20180112114248321.jpg

お坊さんみたいな名前の著者は、天台宗で得度したお坊さんなんだけど、なんと、心臓外科医でバリバリに心臓移植とか、人工心臓の研究とかなさっていた西洋医学のお医者さん。

その、人間や動物を切り刻んで、筋肉やら血管やらをつぶさにみ続けていた人が「切った張ったじゃ病気は治らん」とメスを握っていた手で「触手療法」ってのを開発なさって、心臓病だけでなく、ガン、糖尿病やら腰痛、膝痛などいろんな病気を「触手療法」と声かけだけで直しちゃう、と言う本。

元が西洋医学のお医者さんなので、西洋医学というか、自然科学者の観点から気功やエネルギー療法、鍼灸などの東洋医学を解説している。

東洋医学やオカルトな療法の自然科学からの解説は理解しきれなくてブログにはまとめられないけれど、そんな難しいことじゃなくて、身体がどうして病むのか?という問題。

筋肉がね、疲れるんだって。
で、筋肉が疲れたら、ホルモンの出入り口の弁とかがうまく働かなくなって、例えば、インシュリンが出てるのに働かなくて糖尿病という症状になっちゃう。だから、筋肉の慢性疲労を取り除いて、ベンが働くように戻したら、食事療法は必要なく糖尿病が治癒する。

心臓移植するほどの重い心臓病も筋肉の慢性疲労を取り除いたら治っちゃう。
心臓病のなんたらです、って言われても症状が全て当てはまらないけど、心臓病、という例が少なくないらしいのです。
心臓がなんたらで、むくみがあったらどうとか、とか。

教科書通りにお医者さんは診断して、「カテーテル入れましょう」とかなるらしいけど、実は原因が他のところにあって、心臓は正常だったりするらしい。

んじゃ病気ってなんだよ?筋肉の慢性疲労ってなによ?動きすぎたら慢性疲労なの?

という問題ですが、ここからが面白い。

筋肉に怪我や捻挫の記憶だけじゃなくて、心に受けた衝撃などの記憶も蓄積されるらしい。
そういえば、わたしのように股関節が硬い人はガンコ、とか、怒りは肝臓に溜まるとか、感情と身体って関係あるよねえ。

それを癒すらしい。
触手両方ってのは、慢性疲労している筋肉を、痛みが出ない程度の力でつまんだり、押したりするんですが、その上に

「あ〜、それは痛かったでしょ。大変でしたね〜」などと声かけをするんだそうです。

そうすると、「あの時はねえ、ほんとに辛くて、どうやって毎日を暮らしたのかわかりません〜。シクシク」
とか、患者さんは感情を表出して、ドクターは

「そうですよねえ。それは当たり前です。よく頑張りましたね〜」などと共感したり、励ましたり、することで、筋肉の疲労も癒されるというか、溶けるというか・・・

そんなことで、筋肉に溜め込まれていた感情的なストレスを触手療法と合わせて行うと、何度かやってるうちに筋肉疲労が治って、例えば極端なO脚で膝が痛くて歩けない人の脚がまっすぐになって、普通に歩けるようにまで回復する、身体が本来のカタチに戻るんだそうです。

これが脚がまっすぐになるとか、肩の痛いのが治る、とかなら、手技の上手な治療家は当たり前にやってることだと思うけど、心臓とか、糖尿病とか、前立腺とか、そんなのも同じレベルで治していたらしい。

この先生の面白いところは、お父さんが篤農家で、そのお父さんの能力を見込んで、お寺の坊さんが居合いを伝授したら、居合いを使った治療家になってしまったんだそうです。

でも、このお父さんは著者が物心着く前になくなってしまって、お母さんはお父さんの弟と再婚なさるんです。
この弟さんが野口晴哉さんの弟子で、整体治療をなさっていた治療家だったそうです。

で、ご本人は東洋医学の講座もある京大医学部に進学なさって、そのままバリバリの心臓外科医となったけど、お父さんと伝説や、義父さんのなさっていた治療で西洋医学から見捨てられた患者さんが治る姿を見ながら育っていたので、「あの治療はどういうメカニズムで治るのか?」というのをずっと研究を続けられたようです。

いや〜、面白いね。
で、天台宗で得度するのも、仏教と治療が関係あって、ご自分の治療研究の一環で仏教にコミットなさることになったらしい。

残念ながら福増先生はお亡くなりになられて、残された2冊の本も絶版。広島市の図書館には1冊目のご著書はなく、2冊目だけでも蔵書されていて、本当にありがたい。

病気や痛みの原因になってる部位の筋肉を優しくつまんで、「頑張ったんだね〜」と声をかけるくらいのことはできるけど、この症状はどこの筋肉の慢性疲労なのか?というのがわからないのが素人の悲しいところ。

誰か跡継ぎで治療を継続していないか、ネット検索して見たけれど見当たりませんでした。
こちらのサイトに、福増先生が生前講習なさっていた内容が公開されています。

http://suzume1000.hatenablog.jp

ものすごく貴重な一冊です。
身体、いつもありがとう。悲しみや寂しさまで引き受けてくれるんだ。
身体、ほんとにありがとう。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
1月21日(日)お出汁とか、おでんをしようかと思います。
1月25日(木)白菜と椎茸の油炊きなどマクロビっぽい料理。

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。
関連記事

コメント

コメントの投稿