発汗と、甘いものと、ビタミンC

甲田先生の本を読んでいると、甘いものの害についてくどくどと書かれています。まあ、害については色々あるけれど、ビタミンCをたくさん消費するらしい。

また、汗をかいたらビタミンCが失われるから補給しないとイケナイ、とも書いてあります。

ビタミンCが不足してくると、血管がもろくなるので、内出血を起こしたり、歯茎が緩くなったりするので分かるらしい。

ということを本で読んで知ってはいました。

バンコクに来てから、ヒマにあかせて、毎日ホットヨガなどに通って、汗をかいてます。もちろん、柿茶を飲んだり、果物を食べたりして、ビタミンCの補給には気をつけておりました。

つい最近のことです。夫と一緒にトレーニングに行った帰り、彼が「甘いものが食べたい!!」と決然と言い放ちます。「はいはい、喫茶店ですね、行きましょう、行きましょう。」

つまらないことにスターバックスに入って、ケーキとコーヒー。わたしは紅茶。小麦粉でできたスナックもつまみます。

翌日、勉強の帰り、「甘いものがほしい」と決然と言い放つ夫。「はいはい、行きましょう」と素直に従うわたし。

またまた結局スタバに行って、二人で甘いものとコーヒーを食べました。

その夜のことです。歯磨きをしていると、歯茎にブラシがあたって痛い。

こんなことは初めてでした。

つまり、こういうことです。発汗するので、ビタミンは不足気味だけど、なんとかバランスを保っていた。
しかし、そこに甘いもの2連ちゃんが続いたので、決定的にビタミンCが不足してしまった。

ふーむ、甲田先生のおっしゃっていることは本当だったわ。。。
ほんと、白砂糖の害は恐ろしい・・・

実は甘いもの2連ちゃんと平行して、ソーセージ&串焼き三連ちゃんというのもやっていて、吹き出物まで作っていたのでした。
ちょっとだからいいや、キャベツ(串焼きやソーセージにはキャベツと生姜と唐辛子がもれなくついてくる)もたくさん食べてるからいいやと思ったけど、やっぱり控えます。

そして、ビタミンCと汗で流れた塩分の補給に気をつけて、パパイア強化週間を実施中です。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック
関連記事

コメント

私も甲田先生の本読んでから、汗かいたらC補給しないと歯槽ノウロウってのが怖くて毎日柿茶です甘いもの食べた時も気を付けなきゃそれは記憶されてなかった

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

そうなんですよね。。
温冷浴は汗をかかない=ビタミンCの流出を抑えるのですよね。
お風呂でしっかり温まるのって、いいことばかりではないと知ったときは衝撃を受けました。
私も白砂糖を食べるとすぐに口内炎などが出来たりします。ビタミンCをたくさん消費してしまうのですね。恐ろしい。。私も控えます!!

No title

なるほど!
歯槽膿漏はビタミンC不足が原因なんですね。
私は黒ナスの歯磨き粉とアーユルべーダのクリンティースでマッサージを
しているのですが、ビタミンCはあまりとってなかったかも…。
柿の葉茶もたまにしか飲んでなかったので、これからしっかり
とるようにします(^^ゞ



Re: タイトルなし

>こっこさん
ほんと、驚きました。まあ、最近は不摂生の嵐なんですけれども・・・・身体は正直です。
それから、甘いものの後は、酸を中和するために、渋茶などを飲むのがヨロシイそうです。紅茶とか、コーヒーをお供にするのは理にかなっているんですね。

>レイさん
口内炎はビタミンB2&B6不足だから、ちょっとちがうような・・・口内炎のときは、エビオスで簡単になおります。甘いものまで食べて、たべすぎになって、腸壁に傷がついちゃうんじゃないかしら?
ほんと、甘いもの、特に洋菓子を食べる時は気合いがいります。

>purinさん
歯槽膿漏とはちょっと違うかも、ですが、葉の根っこの骨が溶けるのだから、一緒なのかしら??りんごを齧って歯茎から血が出るのは歯槽膿漏だから、一緒かもしれませんね。
歯磨きも大事じゃあるけど、歯磨きだけでもないんですね~。
まあ、ローフードやナチュハイをしていたら、繊維が多いから、あんまり歯も汚れません。そういえば、ナチュハイを取り入れてから、歯医者の定期検診の結果がよりヨロシイ感じがします。柿茶、お手軽でいいですよね~。

No title

ビタミンC は大切なんですね。エアロビクス教室に入りたい時があったのですがそのときにいつも行くマッサージ店の人からレッスン後にお茶を飲むのもいいけれど前後にビタミンCの補給をしてね、と言われました。運動は大切だけどやり過ぎはよくないよ、と。運動も身体にとってはストレスになるのですね。何でも手入れは必要だなあと思いました。

Re: No title

>greenさん
そのマッサージの人は甲田先生の本を読まれていたのでしょうか?運動とビタミンCを語る人は少ないですよね。
ほんと、運動をするなら、身体のケアをしながらでなければいけません。今ジョギングが流行だけれど、みなさん、足や膝を傷めなければ良いけれど、と思ってます。

No title

「甘いものがほしい」とねだる気持ちよくわかります。
私も毎日ちょこっとだけでもお菓子を食べないとイライラしてしまうので…
ただ、砂糖の取りすぎは情緒不安定にし、イライラしやすくさせるとも言われているので、ある意味麻薬のようで怖いですね。
フルーツパーラーならビタミンも摂れて良さそうですね^^

Re: No title

ビタミンCマンさん
コメントとトラックバックありがとうございました。
甘いものを食べないとイライラしちゃうのは困りますねえ。なるべく黒砂糖や蜂蜜、または果物などのナチュラルな甘味のものに移すようになされば・・・とはいえ、小麦粉と油と砂糖の組み合わせが本当に悪魔的なんですよね。困ったものです。
本当に麻薬と同じです。

No title

ぺんぎんさん、マッサージ店のそのかたは甲田先生のご本のことについては何も言ってなかったと思います。とても勉強家で運動と栄養についていろいろ教えてもらいました。私には運動よりまずは白い砂糖入りのおやつをやめてみては?とアドバイスをしてくれました。白い砂糖、運動、ビタミンCのことを一緒に考えたことがなかったのでびっくりしましたけど、言われてみればそうですよね。落ち着いたらまた行きたいです。

Re: No title

greenさん
勉強家の方なら西式とか、野口整体とか、野口体操とか、マクロビの陰陽理論とか、一通り基礎的な治療法は「基礎知識」としてご存知の方なんでしょう。
身体のことを任せられる人を一人知っているととても便利ですね。ちょっとうらやまし~。
エアロビって、関節傷めるんですよね。
わたしは動きについて行けなくて、出した足を引っ込めたりするから、余計悪いです。ヨガだったら、時々みんなと反対向きをやるくらいで、ま、いいか、って・・・

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

イチゴケーキのレシピ

ビタミンCをテーマにしたブログ記事の『トラックバックシリーズ』第6弾(何弾まで続くの?) 今日のお題はこれ女性の好きなデザートランキ...