FC2ブログ

想田和弘監督のおかげで座禅が絶好調。

某伝統武道の合宿では朝と夜に座禅の時間があります。30分なので普通の座禅よりちょっと短いのですが、座禅らしく棒を担いだ大男が見回りに来るのです。

一時期、棒で叩く音を聞くのも嫌で、棒係が前を歩くたびに体が反射的にビクビクして、とても座禅どころではなく別室で座っていたり、寝ていたりした時期もありました。

今年の夏、バングラデシュに行った時にヴィパッサナー瞑想の基本的なやり方ワークショップに参加して、「ただ呼吸を観察する」という数を数えるのが苦手なわたしにピッタリの方法を実地に教えてもらった上に、最近、週刊金曜日に想田和弘監督のヴィパッサナー体験記の連載を読んでいたので、今まで無理やり座っていた座禅がちょっと違うものになった。

足はもちろん痛いのですが、想田監督によると「サンカーラ」が現れていて、それに不快な感情をくっつけずにただ観察していたら、去っていく。
また別の不快な感覚が身体に現れたら、それもただ観察していると、去っていく。
身体の痛みってそんなものなんだそうです。
(実際、腰痛だ神経痛だと最初の頃耐え難い痛みに襲われ続けていた想田監督、今では一切痛みも痺れもなく1時間~2時間座っておられるのだそうです)

座っていると、半結跏趺坐で腿の上に上げている足の足首がとても痛いのだけど、痛みの質が変わっていったり、突然腰にピリピリとした痛みがやってきたり、そうでなければ寒さを感じている頬や背中を観察してみたり、30分、たっぷり楽しめる。

体感観察をしていたら、棒係が目の前を通ってもビクつかない。まぁ、背筋もバッチリ伸ばして、手の印もちゃんと組んでいるのだから、何ら後ろめたいところはないのだからビクつく必要は何もないのですが、いかに自分が不条理に大人に叱られて、それが傷になってカラダに染み込んでいるのかがわかって自分がかわいそうになった。

ともあれ、もう棒係を恐れる必要もなく、堂々と清浄な道場で座れるのは気持ちが良かった。

今までも何度か自宅座禅を試しては挫折していたけれど、修行から帰ってまた再開。

fc2blog_20200212204859984.jpg

ロウソクや線香はまぁ用意があるから使おうか、という程度ですが、小さい仏像と向き合うのはなかなか良いもので、自分は仏弟子だなぁ、という気持ちがいたします。

瞑想って何をやってるかよくわからないので、今までは無理やり我慢して20分を目標にじっと座って考えが起こってはそれに引きずられないようにまた呼吸に戻って、という、我慢をしてきたのですが、今はカラダの感覚を観察したり、カラダの部位をスキャンしたり、いろいろやることが増えて、自宅でも飽きずに30分座れます。

これは座禅じゃない、と言えば座禅じゃないのでしょうが、カラダと心がシックリ繋がってないわたしには必要なことのような気がします。

いつも応援ありがとうございます。
新しくブログ村ライフスタイルのナチュラルライフに登録してみました。
一日一回、どれかをクリックしてくれるとはげみになります。
↓↓↓
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
2月15日(土)ベンガル料理
2月28日(金)豆板醤を使った料理

平日・土曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。


関連記事

コメント

コメントの投稿