FC2ブログ

「ノマドランド」

アメリカってすごいところで、鉱山が閉山になって何年かしたら町ごとなくなって郵便番号もなくなっちゃう、ってことがあるらしい。自動車産業が不振になって超不景気な町があるのは知ってたけど、町ごとなくなるって・・・

物語の最初に出てくる解説文が理解不能で頭がフリーズする。

「ノマドランド」
fc2blog_20210408220101cbe.jpg

で、代用教員などで働いていたファーンは夫の死後も鉱山の町に住んでいたけれど、いよいよ住めなくなるとなって、家財をトランクルームに預け、バンに生活用品を詰め込んでハイシーズンのAmazonの箱詰めの仕事に行く。

ホテルじゃなくて、駐車場があって、そこで水や電気が使える施設があって、Amazonがその料金を負担するので、車に住んで働きに行く。

そこには同じように車で移動しながら季節労働をする高齢者がたくさんいる。それがこの映画で描かれる「ノマド」
そして、ノマドのグルがいてYouTubeで説法している。宗教じゃなくて生き方とか、社会批判とか。

この映画、原作はジャーナリスト ジェシカ・ブルーダーのが書いた「ノマド」だ。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ノマド 漂流する高齢労働者たち [ ジェシカ・ブルーダー ]
価格:2640円(税込、送料無料) (2021/4/8時点)




映画は役者も出てるけど、ノマドとして登場する人はほとんどがノマドで演技をしているんだか、カメラの前でいつものようにしているんだか分からない。

主演のフランシス・マクドーマンドも「ファーン」という名前なのでフランシスのまま。

Amazonの仕事で友達になったリンダ・メイがファーンに車上生活のあれこれやノマドのグル?であるボブのことを教える。ノマドの集まりには行かない、と言っていたファーンもAmazonの仕事が終わった後、行くところがなくてノマドの集まりに行って、他のノマドたちからたくさんのことを学ぶ。

どれが役者でどれがノマドだか分からないのだけど、映画を見ていて気づいたことは、キャラクターが首尾一貫してるというか、作り物でないのです。人間の矛盾したところとか、筋の通ったところとか、作り物ではないリアリティがあるのだ。

最近占星術の勉強をしていて、12星座だ、12ハウスだ、惑星だ、とあれこれ学んでいるのですが、この映画を見ながら物語を作る人は占星術の勉強をして、ホロスコープからキャラクターを作ったらとてもリアリティーのある人物を作れるんじゃないか、と変なことを考えた。

日本で高齢者ノマドが季節労働できるか?日本では車乗生活をする高齢者を雇うところがあるかどうか分からないけれど、家を維持できなくなって、車乗生活をしている人が増えているらしいし、実際某ショッピングモールの駐車場でそれらしき軽自動車を見かけることもある。

なんとも現実はやりきれないことばかりでございます。

新しくブログ村ライフスタイルのナチュラルライフに登録してみました。
一日一回、どれかをクリックしてくれるとはげみになります。
↓↓↓
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室自粛のご案内~~
4月25日(日)ぺんぎんさんちの晩ご飯1

新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
鍋から出汁が出るようになる家庭料理。出張レッスン、個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。
関連記事

コメント

コメントの投稿