朝食抜き@先生のお連れ合いの場合。

「健康になるのよ!!」と朝食抜きを始めたタイ語の先生です。
先生の朝食抜き

先生はその後あまり効果を感じられず「全然変わらない」とぼやいてらっしゃいますが、なんと、先生のお連れ合いはウエストが2インチ(約5センチちょい)も減って大喜びしてらっしゃるようです。

先生の減量効果が止まっているのは、朝食抜きだけれども朝食の代わりに「粉末麦若葉青汁@蜂蜜&オリゴ糖入り」を飲まれているからではないかな、と思います。

それでも、先生は「最初の頃は、もうお腹が空いて我慢我慢で大変だったけど、最近はだんだん慣れてきて、身体も楽なのよ」とおっしゃいます。無理せず続くことが大事です。

さて、もう一方、朝食抜きを始めようと決心したとたん、医者から大量に薬を処方されてしまった間の悪いK先生。
K先生、最初のころは普通にご飯と揚げ物などの「朝ご飯」を「薬飲むから」と召し上がったり、ケーキ!!(トランス脂肪がっぷりだぞ!)を「薬飲むから」と食べてらしたのだけれど、先日は、果物と豆乳をたくさん買ってきて、朝豆乳と果物を召し上がってから、お薬を飲まれている様子です。

ふむふむ、ケーキよりは何を食べてもいいよねえ~。

さて、お会いしたことのない先生のお連れ合いですが、ウエストが5センチとはすごい!!わたしは先生のお連れ合いまで朝食抜きをなさってるとは知らなかったのですが、「前はね、コーヒーにお砂糖ターップリ入れて飲んでたし、コークもいつも飲んでたのよ。それを止めたの」というのだから、そりゃすぐ体重減りますよねぇ~。

どんな方が存じ上げませんが、先生の話によると、やはり太ってらっしゃるみたい。でも、お酒もタバコも召し上がらないのだから、甘いものについいっちゃう、ってもんです。

そんな方も無理せず白砂糖の害を知って、「砂糖食べるなら果物」食べてくれたらどれだけ健康になるかわかりません。

ところで、わたしが書いているタイ語の「ナチュハイ入門」は、食べ物の順番、クロロフィルとヘモグロビンの話や、グリーンスムージーの効能などをやっと書き終え、次はいよいよタンパク質と炭水化物の消化について書こうかなあ、というところまでやってきました。

朝食抜きは簡単に実行なさった先生ですが、タンパク質とでんぷんを同時に食べない、というのは、これは難関です。ダイエットとしてのナチュハイも、この、タンパク質とでんぷんを同時に食べない、というお約束で挫折してしまう人が多いのではないか、と思います。あっさりベジタリアンになってしまえると簡単なんだけど、普通の人にはなかなかに難しいというものです。かといって、ここで生玄米を提案して、「ちょっと頭オカシイ」と思われてはいけません。

先生はわたしからナチュハイや甲田療法の知識をすこしづつ仕込んだせいか、ドラッグストアが出している酵素サプリのようなものの広告をわたしに見せながら「これには朝ご飯は大事だって書いてあるけれど、でも基本的にあなたが言ってることと同じことがかいてあるわ~」と見せてくれました。そうです。ドラッグストアも薬局も病院もお医者も、人が本当に健康になってしまったら商売上がったりです。

先生には色んな矛盾した情報からどのように選択してゆくのか、ということも合わせて書いて行かねばならないなあ、と思いました。

まあ、どっちがいいのか、ホントのところは誰にも分からないのかもしれないけれどね!わたしは迷った時には甲田先生についてゆくことにしています。でも、出来もしないことはできないから、甲田療法をガイドラインに、実践出来る範囲でユルユルと改善です。

みんな生菜食で、少食で、病気知らずで、化粧品いらずで、もっと幸せになれますように~。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

関連記事

コメント

ブログ移転のお知らせです

こんにちは~。

最近,チェンマイは朝晩が,またもや涼しくなってしまいました。
バンコクはいかがでしょうか。

タイ語の先生にとって食に関する情報や世間一般の情報との葛藤は続くでしょうね,,,。
けれどもぺんぎんさんの変貌ぶりを知ったからこそ,
ぺんぎんさんを信頼しているからこそ,取入れ始めているんだと思います。
あとはご本人たちの変化を受け入れていきながら,気持ちよい方を選択なさっていくのではないかなって思いました。

現在はサイトを閉じてしまったチェンマイ在住のブログのある記事にこんなのがありました。
 《タイ(orチェンマイ地方)人には1日3食習慣はないので,お腹が空いたら食べる,という感覚優先なので,「日本人男性といると,朝,昼,晩,と一緒につきあわなくちゃならないのが一番苦痛だ」とタイ人女性の友だちに聞いた。》

タイ語の先生方も,情報に惑わされているに過ぎなくて,本来の感覚優先民族のようですが,それに戻るといいですね。


(以下,お知らせということでコピペで失礼いたします)

今年なって思い立ったことですが引っ越しをしたくなり,
ブログの移転作業が終了しましたのでお知らせします。(^^)

こちらにリンクしていただいている「菜食生活 超健康!太陽のまなざしへ」ですが,
お手間をとらせてしまって申し訳ないのですが,
URLの変更をしていただけましたら幸いです。

「菜食生活 超健康!太陽のまなざしへ」
新URL= http://imacocosumisumi.cafemix.jp/blog/

それでは,よろしくお願いいたします<(_ _)>♪

Re: ブログ移転のお知らせです

こんばんは~。
バンコクは日に日に暑さをましておりますよ~。今年はエルニーニョでこっちは気温が下がらなかったらしい、と夫がバンコクポストを読んで教えてくれました。
>
> タイ語の先生にとって食に関する情報や世間一般の情報との葛藤は続くでしょうね,,,。

タイ語の先生は、わたしの言うことを信じてる感じだけれど、なんかあんまり化学や生理学の知識がないので、わたしのつたないタイ語の説明でどれだけ分かっているのか不明です。が。まあ知らないよりは良いですよね~。

> けれどもぺんぎんさんの変貌ぶりを知ったからこそ,
> ぺんぎんさんを信頼しているからこそ,取入れ始めているんだと思います。

変容はしてないんですよ。10年たっても変わってないから「どうして?」ってなっただけなんです。更年期なお年頃で、「なんとかしなくちゃ!」っていうのが一番大きな動機でしょう。タイは年金とかないので、ほんと、健康でないと大変です。


> 現在はサイトを閉じてしまったチェンマイ在住のブログのある記事にこんなのがありました。
>  《タイ(orチェンマイ地方)人には1日3食習慣はないので,お腹が空いたら食べる,という感覚優先なので,「日本人男性といると,朝,昼,晩,と一緒につきあわなくちゃならないのが一番苦痛だ」とタイ人女性の友だちに聞いた。》

なるほど~。そりゃ決まった時間に食べるのは苦痛でしょうね~。タイの人は家族揃って食べるってこともなくて、好きな時間に好きなものを食べてますもん。だから、人にもよりますけど、1日5食くらい食べてるんじゃないでしょうか?それで、タイ料理は盛りが少ないんですよ。以前は、お店(物販)の人がどんな時間でも、カウンターで誰かが何かを食べていたのだけれど、最近は、みんな忙しくなったみたいで、食事時間が決められているようです。タイも変わったなあ~と思います。

ブログお引っ越しのお知らせ、ありがとうございました。
リンクも変更しておきました。

ではまた~。


ほんとですーーー・・・

姉さまーーーー
お砂糖より果物、ほんとにたくさんの方にお伝えしたいですーーー(><)
・・・なんて言ってる私はお砂糖大好きなのですが(笑)でもでも
今はいくらお砂糖食べても太りません。普段菜食だと、お砂糖の害も
減らせているということなのでしょうかーーーー
だとしたら、ほんとにうれしいです♪♪♪

それにしても
タイは年金が無いのですねーーー!
それは大変です・・・・
貯金がないと大変ーーーー爆

Re: ほんとですーーー・・・

ミエミーエさん

おや~、お砂糖たくさん食べてらっしゃるんですか~?太らないっていう問題じゃなくて、やっぱり色々ヨロシクないんじゃないか、と思いますが、肉食べないだけマシってことは十分あると思います。

> それにしても
> タイは年金が無いのですねーーー!

そうなんですよ、公的年金のある国なんてすくないんじゃないかしら?日本の年金も25年払わないと、一ヶ月足りないだけでも全然もらえないんですよ~。まあ、わたしらが年金のお年頃になった時にどれだけもらえるかなんてわかりませんけど。

貯金がないと大変だけど、健康でいるだけで貯金があるようなもんだともいえます。
病気したらお金があってもねえ~。もちろん、ないと治療もできないわけだけど・・・

ではでは~。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)