FC2ブログ

ナトリウムとカリウム。ローフードが向く人、向かない人についての考察。

もう殺人的な暑さです。夕方になると、広島では凪ぐ(風が止まる)ので、西日の熱で蒸し暑さがもうすごいことになる今日この頃です。

車なんかもうオーブンみたいなものです。

なにもしなくても 汗が流れますが、汗には塩がそのまま入ってるんですよね。身体が塩不足になる、ってもんです。

ところで、ローフードなど食べていると、つい減塩傾向になることないですか?特にブーテンコさん方式のグリーンスムージーを召し上がってる方など、不調になりませんか?

果物にしろ、菜っ葉にしろ、カリウムがとても多いんです。
普通の人は化学調味料やら、ナトリウムの入った添加物をたべてるし、お味も濃いめなので、ナトリウム過剰傾向になるのが普通ですので、朝の果物とか、塩無しグリーンスムージーを取り入れることで不足がちのカリウムを食べて、ナトリウムの排泄を促すので、バランスが取れて身体の具合も改善される場合が多いと思います。

ところが、ベジベジ食べてる方や、果物主食の人、塩抜きローフード中心で召し上がってる方がグリーンスムージー1ℓなど始めてしまうとカリウム過剰になってしまうような気がするんです。

カリウムが多すぎると、身体の中からカルシウムとマグネシウムを連れ去ってしまうらしい。その他にも減塩による胃酸の材料不足、おまけに発汗による塩不足で身体の中は大変なことになってるんじゃないかしら?

ゲルソン療法は塩抜きです。塩抜きを徹底すると、細かいメカニズムは忘れてしまったけれど(難しくて良く理解できないし・・・)ナトリウムを身体の中に閉じ込めて尿や汗で出さないようにシステムが変わるらしいんです。だから、塩抜きを徹底すると、それはそれで、身体はナトリウムを出さなくなってそれなりにナトリウムとカリウムのバランスが整うらしいんですが、あくまでも徹底した場合です。

それと、わたしはもう1つ疑っていることがあります。

日本では、「塩害」で畑作が出来なくなった、なんて話、高潮でもかぶった場合以外聞く事がありません。

ところが、大陸では、灌漑を過剰にやりすぎて地面から塩が上がって来て、もう真っ白な砂漠(塩漠?)になってるところって少なくない。これは環境的に大問題になっているほどです。

つまり、土の中のミネラルの濃さが違うので、出来る作物のミネラルも日本の野菜と大陸の野菜では同じでないのではないか?と思うんです。

例えば、日本の野菜にはカルシウムが少ない、という話を聞きます。これと同じことが塩にも言えるんじゃないか?と思うんです。

だから、欧米のローフードは塩抜きでも身体がオカシクならないんじゃないかしら?(仮説ですよ、わたしの妄想です。)

甲田先生は塩が不足すると胃酸が薄くなる、っておっしゃってます。生菜食に限らず、甲田先生の食養メニューには塩が何gと決められていますが、それは最低量で、どれくらい汗をかいたら何g増やす、というチャートさえあります。

また塩のとり方と水の飲み方にも関係があります。
水を飲む人は少々塩が過剰になっても尿として出てしまうけれど、水を飲まない人は塩分過剰になるかもしれません。
また腎臓の悪い人は、過剰な塩がむくみになって身体に残ってしまって具合わるい、ってこともあるでしょう。腎臓なんぞひどく悪くしたら、ナトリウムもカリウムもダメですから、ローフードも食べられなくなってしまいます。本当に面倒なことです。

ローフードであまり体調が良くならない方、塩不足を疑ってみて下さい。今の季節なら1日15gくらいは塩をとらないと足りなくなるかもしれません。

たとえば、ダルい、胃が働かない、食べるとお腹が張る、などの症状がある方、塩を増やすと改善するかもしれません。

どんな食事法もそれぞれにきちんとした理由があります。健康は人はいいけれど、身体の弱い人はその食事法のメカニズムをよく理解して納得した上できちんと取り入れないと危険な場合もあると思います。

わたしの今までの観察では、胃下垂型の人や食べても太らないタイプの人はローフードを食べ過ぎると具合悪くなる人が多いように思います。
胃腸の丈夫な、食べると太っちゃうような人はローフードでハッピーになるような気がしますが、それも塩不足が長く続くと体調不良になってくるように思います。

常に身体の様子をモニターしながら色々考えたり調べたりすることは楽しいことです。

わたしは生菜食をたくさん食べても口角炎にならない人になりましたが、これは塩と水の飲み方(食前1時間、食後2時間は飲まない)を守っているからだと思います。

きちんと食べたら、ローフードの恩恵は計り知れませんが、私たちはお猿さんのような丈夫な胃腸をもう持ってないことを忘れてはいけません。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック
関連記事

コメント

No title

ぺんぎんさん、近所の広島出身のかたも、広島の夏の夕方は暑いよ~、と言っていました。
やっぱり住んでいる場所と食事は関わりがあるんですね。外国に長く住んでいると土地の食材を好きになっていくのも順応していくからなのかしら。梅雨時も夏も湿度が高い日本で生活していくには(きちんとした製法の)塩分は必要ですね。
私は今の季節、果物の摂り過ぎに気をつけませんと。すいか、もも、パイナップル、ぶどうももう見かけますね(最近は出回るのが早いですね、違和感をかんじませんか?)。

いつもありがとうございます。食前も水分いけないんですね、具体的な時間ありがとうございます。

No title

ぺんぎんさん、大拍手。
私も夏は梅干と柿茶が必須だと思います。あと、平床のおかげで毎晩気持ちよく熟睡(爆睡)しています。ほんとにありがとうございました!

Re: No title

> greenさん
ホント、暑いんですよ~。庭の植物も気の毒です。
スイカといえば、5月ぐらいから出回ってますねえ。わたしは露地物しか買わないので、まだお目に掛かりません。今はブドウと桃とスモモかなあ・・・ブルーベリーもボツボツ収穫しています。


>ステラさん
そうなんですよ、食事前にグビグビ飲んじゃいそうになりますよねえ。厳密にいうと食事中の汁物もヨロシクないのが甲田療法なんですよねえ。厳しいです。

>maloさん、
こんばんは。最近生柿茶を飲んでるんですが、酸っぱいです。
平床気持ち良いですよねえ。わたしはどんな姿勢でも眠れます、ってか、仰向けでずーっと寝られないだけの話なんですが・・・

No title

こんばんは!私は日中も喉も乾かないし、食事中に水を飲まなくて、
みそ汁などの汁物も最後に一気飲みするという習慣でした。
外食すると家族にお冷や汁物を「飲まないんでしょー」と長年奪われてきたのですが(笑)
ローフードを取り入れていくさいに、体の水はけ能力が大きく関係しているなぁって 薄々感じていたのですが、ぺんぎんさんの記事を見て
そこらへんをもう少し自分なりに勉強してみようと思えました!
早速、甲田療法の本を取り寄せてみましたー 楽しんでやってきます
ありがとうございます♪

口角炎

 いつも、楽しみにブログを読ませていただいております。 
 
 広島在住の者です。以前メールさせて頂いたことがあるのですが、その時のHNをわすれてしまいましたので、改め、it out で宜しくお願いいたします。

 ローを取り入れて、3年になりますが、体が調子よく、強くなったように感じる反面、以前より、よく寝ている様な気もしていました。また、今年の夏は口角炎になってしまい、どうしたものかと考えておりました。

 今日のぺんぎん様の記事を読んで、昔は毎日食べていた梅干しをすっかり食べなくなっていた事に気づきました。塩抜け状態にあるのかもしれません。以前読んだシートン動物記のなかで、夏が近づくとヒツジのむれが、岩塩をなめに行くシーンがあったのを、思い出しました。
 
 また、普段、私が食べている野菜や、果物は(八百屋さんで買っています)、人間が過度に手を加えている流通物なので、自然のサイクルからは、外れているのだろうと再認識しました。自然農法の果物や、野菜に憧れますが、家族が多いこともあり、なかなか手が届きません。何度か、取り寄せたことがありましたが、あまりのおいしさに、驚きました。そこで、自分で、畑をやってみればいいと、小さな菜園を借りましたが、貸し主の方は自然農法は、まだ理解されていないようです。草が生えていると、抜きましょうとか、鶏糞をあげましょうとか。。。。ホームセンターの苗でじゅうぶんだとか。。。私も、ド素人ですし、いまはまだ、大きいことはいえませんし^^; まあ、あせらず、そのうちすこしずつ、自然農法に移行させたいっ!と野望をいだいております。

 ペンギン様のお宅には、お庭があるようで、たいへんうやらましゅうございます~~! 世界中が緑溢れる地球になって、自然農法(結局人間は余計なことせず、自然のお手伝いをするだけの方がいいのかもしれないと最近思います。)の果物や野菜が、誰でも、いつでも、ご自由にいただける世になったらいいな~と日々妄想しております。

 長くなってしまい、申し訳ありません。
いつも、ペンギン様のブログを読んで、勉強させていただいております。子育てが、落ち着きましたら、ぜひ、ペンギン様のお料理教室にも足を運んでみたいと、胸をふくらませております。

 先づは、梅干し復活させます~。ありがとうございました。




Re: No title

> 呑竹さん
こんばんは。
「からだの水はけ能力」って、素晴らしい表現ですねえ。ほんとうにその通りかもしれません。腎臓の働き具合とか、身体の機能がきちんと働いていっそう威力を発揮するのがローフードかも知れません。

>it outさん
お久しぶりです。コメントありがとうございます。
そういえば、羊も牛も塩を舐めますねえ。
野菜は、わたしも産直市の野菜ばっかりで、無農薬やら自然農法の野菜というわけにはいきません。ウチの畑も食べるほどのものはハーブ類くらいだし・・・あ、柿の葉は自然農法です!

料理教室、なかなか対応できなくて申し訳ないです。
今月24日に府中町の公民館で西式の運動療法と青泥の試食をする会があるのですが、お子様OKです(子供付きの方中心の会)ので、よろしければいらっしゃいませんか?
人数もそれほど多くないので、ご都合があえば是非秘密のコメントにメルアドお知らせ下さい(
あの方だろうな~と思いながらも、違ったら恥ずかしいので、またお知らせ下さいね)
詳細お知らせいたします。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)