FC2ブログ

来客とおぜんざい。

お正月はやっぱりお客さんが来なくっちゃ。

今日は大工のFちゃんとお連れ合いで本の修復家のMちゃんが一升瓶を下げて来てくれました。
せっかくお酒を持って来てくれたのに、道中アイスバーンが残っているので、お茶で乾杯。

魚を切って、お煮しめを並べて、色んなお話をしながらランチです。

お正月ってご飯を炊かないんですね。うちの実家はドライファミリー(下戸とも言う)なので、夕食にはご飯を炊いたのだけど、みんな飲む夫の家では、「正月は餅があるからご飯は炊かない」というお家。ご家庭によって色々です。
わたしとしては、ご飯無しでお刺身を食べるのはちと寂しい。

食事を終えて、「お雑煮しますか?おぜんざいにしますか?」と聞いてみたら「ぜんざい~」というお声。

IMG_1728.jpg

発芽させた大納言と黒砂糖のおぜんざい。お餅は玄米餅です。

おウチで作ったら、豆を発芽させたり、砂糖に黒砂糖を使ったり、ちょこっと入れる塩も海の塩を使ったり、何て事が出来るので、手間かもしれないけど、絶対に既製品より作った方が良いです。
問題は~、一杯だけで済まないところかな?

2年前のブログを見ていると、お正月は詰りやすい食べ物が多くて、そのころまだ腸麻痺を抱えていたであろうわたしは、しっかり便秘しておりました。

しかし、ローフード、ナチュラル・ハイジーンと西式甲田療法修行のおかげで今年のお正月は快腸です。
もちろん、青泥も量を減らして頂いてます。

西式甲田療法とナチュラル・ハイジーンのどちらが効いたか?と考えてみると・・・
西式甲田療法のほうが効いたような気がします。
これは、温冷浴とか、体操、スイマグ、柿茶とローフードがパッケージになっているからだと思います。

ああ、おぜんざいの写真を見ていたら・・・
また食べたくなってきました。困ったなあ~。

夕食はまた魚、かまぼこ、お煮染めでございます。お雑煮も作ってもらおう。

またまた話は変わりますが、歯列矯正の装置がついていたら、お餅は食べられないか、と思ってたのですが、凄く食べにくいけれど食べられます。よく焼いて、十分柔らかくして頂きます。

このところ前歯で噛み切れるようになってきたのだけど、奥歯ではどうもイマイチよく噛めなくて、何を食べるにも時間が掛かります。

お餅を喉に詰まらせるようなことがないように、ゆっくり食べよう。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック
関連記事

コメント

No title

ぺんぎんさん、ことしもよろしくお願いいたします。

私も装置をつけていてもお餅を毎食いただいています。お正月ですもの。

Re: No title

> greenさん
今年もよろしくお願いいたします。
やっぱりお餅ですよね。食べにくいのはお餅に限りませんものね。
水菜なんか最悪~。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)