FC2ブログ

スイマグはただの下剤じゃない。

西式健康法のマストアイテムのひとつ、スイマグ。水酸化マグネシウムです。
西式では、これを毎朝5ccから20ccほど水で薄めて飲むように、と奨励されております。

わたしもまだ体操も平床も木枕もしてなかったころから、スイマグと柿茶だけは実践しておりました。だって、お手軽に実践できるんだもの。

しかし、下剤だと思っている人が少なくないので、「できることなら使いたくないわ」というご意見も少なくないようです。
「あたしゃ便秘なんかしないから、関係ない」という人にも最低5ccは飲むように、と甲田先生もご推奨です。

なぜならば、スイマグはただの下剤じゃないからです。

スイマグの効用は、腸に水を集めて便通を良くする。つまり下剤としての働きですね。

下剤といえば、ピンクの小粒だったり、センナやアロエなどの漢方系だったり、と色々ありますが、センナなどの漢方系といえども、腸を刺激して便通を促進するものなので、腹痛もあるし、腸が刺激に鈍感になってしまって、ますます腸麻痺をひどくし、薬の量がだんだん増えてくる、という副作用があります。
腸の関係の本を読んでいたら、長年漢方系の便秘薬を使っている人の腸は茶色く変色してしまって、まったく動かなくなってしまう、なんて恐ろしい記述を読んだことがあります。

漢方系を使う人は、それまでピンクの小粒などの市販薬を大量に飲んでいた人も少なくないので、「下剤」に拒否反応があるのも無理からぬことではあります。

マグネシウムは、胃腸で吸収されなかったものは大腸まで運ばれて、マグネシウムが運ばれる時に水を一緒に連れてくるのだそうで、それで便通が良くなるらしい。宿便もだんだんと解れてくるそうな。

だから、マグネシウム剤を使っていると、腸に変形があって腸麻痺がある人は、「トイレに行く度にチョロチョロ出るがちょっとしか出ない」なんて症状が出てきます。これは、変形してるので、スイマグでよく出るようになったら、中身が足りなくなって、出てゆかなくなるわけです。こんな症状もしばらく我慢して続けていると、腸の変形が治ってきて、また正常に戻ります。この時期はすごく不快なので、スイマグの量が増えてしまって、「スイマグ中毒か?」と心配になる時期でもあるけれど、車前子(サイリウム)や寒天などで腸の内容物を増やしながらケアしているといずれ治ってきます。(経験済み)

断食をするとお通じが止まっちゃうい人は腸麻痺のある人なんだそうで、そんな人は寒天などを食べる断食にしないと腸閉塞やら腸捻転を起こす危険もあるのだそうです。

あれれ、話がどんどん脱線しちゃう。

下剤としてのスイマグは、飲み忘れてもちゃんと出るので、本当に習慣性はないようです。ずっと便秘だったわたしは精神的に依存してますが、飲まなくてもやっぱり出るので大丈夫なんだと思います。

スイマグは胃酸の働きを抑えるので、食前しばらく前か、胃の中が空の時でなければいけませんが、市販のマグネシウム剤は食後に飲むようになっているみたいです。タブレットだからかしら?
いずれにしてもマグネシウム剤を飲んだら、水も一緒に飲まないと威力を発揮してくれません。

この他、スイマグは腸壁の傷を治す、という仕事をするそうな。腸の傷といえば、ここから分子の大きなタンパク質とか、糖なんかが血液中に入り込んでしまって、それが色々なアレルギーの原因になっている、と甲田先生は書いてらっしゃる。

食べ物が胃腸を通ると、どうしても傷がつくらしい。西式健康法で朝食抜きをするのは、食べ物が胃腸を通らない時間をしっかり設けることで、この微細な傷を治す時間を与えるのが大きな目的なんです。
甲田先生によると、胃腸が荒れているとお腹が空くらしい。これを偽腹(にせばら)と呼んでいます。

そこでスイマグを常用していたら、傷を治すのに一役買うのだそうな。

普通の人は1日3食は最低食べてるし、断食なんかしない。そうやって、胃腸の傷が治らないまま次々食べていたら、傷がいずれ大きくなっておできになったり、潰瘍になっても不思議じゃないですね。

なんか長くなってしまったので、続きは明日にします。

明日は、マグネシウムは傷を治すらしい、ってお話を予定しております。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック
関連記事

コメント

今年もよろしくお願いします☆

スイマグ(私はミルマグを使っていましたが、)はなるべくなら飲まないで出したいと思い、前回買ったものが無くなったので買い足していませんでした。でも、「腸壁の傷を治す」という事を教えてもらい、また使ってみようかなという気になりました!いつも為になる情報をありがとうございます!!
ぺんぎんさん、今年もよろしくお願いします。

Re: 今年もよろしくお願いします☆

> 志乃さん
西式健康法では使うことになっているだけ、というお話なんですが、便利なものだと思います。甲田療法では、超少食なので、マグネシウムサプリという働きもありのでしょうね。
今年もよろしくお願いいたします。

スイマグ飲んでみました。

はじめまして。突然のコメントをどうぞお許し下さい。
私は極度の便秘持ちで、自分が便秘だという事実に気が付いたころから、ずっとセンナ系などの下剤を服用していました。
20台代の頃は若気の至りもあり喫煙もしていました。喫煙すると、なぜかとても気持ちの良い排便があったからです。ですが、妊娠、出産するにあたってやはりそれではいけないと思い禁煙して、尚且つ薬に頼らず排便できないものかと悩んでいた時に、ローフード、生菜食という食餌方法があるのだと知りました。
ところが泥もどきや、生野菜のサラダを食べても、大勢の方がブログなどで書かれているようなすっきり排便はなかなか訪れません。そんな時、ぺんぎんさんのブログを拝見して、私も腸麻痺が有るのだろうなと思いました。
そこで初めてスイマグというものを知り、早速購入して試してみましたら、薬に頼ってはいるもののとても気持ちのいい瞬間を迎えうことが出来ました。その後も水様便みたいなのが続いたあと、石ころみたいなのがコロコロ出てきます。これは、長年、積もってきた宿便なのかなと思いつつ、驚きと、うれしいのとテンションが上がりっぱなしです。
ここ2,3年は何を飲んでのすっきりしない、憂鬱な毎日で週に2回程、浣腸を繰り返す日々でした。鏡を見るのもなんだか悲しくて・・・
なので、最後には、ぺんぎんさんのように便秘から足を洗えたら最高だなって思いますが今は何より、体に負担にならないで排便するチャンスを与えてもっらたことに心から感謝する気持ちで一杯です。ありがとうございました。
長々と便にまつわるコメントをどうかお許し下さい。

Re: スイマグ飲んでみました。

> みちこさん、
コメントありがとうございます。
きっとお身体はもともとご丈夫なんですね。ご両親やご先祖様に感謝なさってください。
宿便はそんな簡単には出ませんが、腸の変形も取れて、腸麻痺が治って来たら、本当に甲田療法の実践者の方のように1日に3回くらいお通じがあるようになります。「ああ、スッキリ」を1日に何度も経験するのですよ。

わたしもまだその境地には到達しませんが、便秘を治して、スッキリすることで、将来の病気の不安もどんどんなくなります。本当に有り難いことです。
嬉しいコメント、ありがとうございました。また遊びに来て下さいね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)