FC2ブログ

頭痛に裸療法。

いや~、寒いですね。うちはボイラーが凍っちゃって、お湯が出ません。雪もずーっと降ってるし、いや、参ります。火曜日の料理教室はどうなるのでしょうか???
あんまり寒いので、「こんな日はおぜんざいよね」、と小豆を炊いてます。

さて、本日のお題。
なんか頭がボンヤリして、頭痛もあって、寝不足でもないのにあくびばっかり出るってことないですか?

そんな時は裸療法だ!と、ズルズルと着ているものを脱いで、スッポンポンになって20分くらい西式の体操をやってみました。
ホントは着たり脱いだりするのだけれど、時間も掛かるし、めんどくさいのです。良いのは分かっているのだけれど~。

そうそう、裸療法を着たり脱いだり法でやってる時や、温冷浴で水に浸かってる時、あくびでませんか?冷たい水の中でフアフア気持ち良さそう(に見えるらしい)にあくびをしてるわたしのことを夫はとても不思議がります。

あくびって、身体が換気してるんですよね。ということは、身体の中の酸素が足りてなくて、甲田先生流に言うと、「一酸化炭素が溜まってる状態」なんだそうです。

そりゃ裸療法をやるとあくびが出るわけです。

西式では「皮膚呼吸を促す」と説明してますが、「皮膚は呼吸しない」と考える専門家もおりますので、とりあえず、皮膚呼吸の事はおいておきますが・・・

そうそう、フアフアあくびばっかりして、頭が痛くて何もする気にならなかった時にスッポンポンになって体操をした話です。

体操が終わるころには頭痛もなくなって、あくびも収まったんです。体操中はやっぱりあくびばっかりしてました。

頭痛が消えたのは嬉しかったです。

裸療法は、きちんとやろうとするとCDがないと着たり脱いだりの時間を計るのがとても面倒ですが、裸のまま20分過ごす、という方法ならどなたでもすぐに出来ます。

パンツまで脱ぐのはとても重要で、腰まわりからアレヤコレヤの毒ガスが排泄されるのだそうです。だから、裸療法をやる時は頭を風上にしないとダメってことですね。

昔の女性は腰巻き1つで、ズロースをはくようになったのは、白木屋デパートの火事で店員さんたちが飛び降りることが出来ず、たくさんお亡くなりになってからだ、と言われています。
パンツはゴムがいかん、とか、色んな意見があるようで、ノーパン健康法はあながち冗談でもないみたいです。

そうそう、南アジアでもサリーの下にパンツははきません。男性も家に戻ったら、ズボンとパンツをさっさと脱いで「ルンギー」という名前の腰巻きに着替えます。
靴下を脱いでも気持ち良いけど、パンツを脱いでも気持ち良いのよね。

あれ?頭痛と裸療法の話が、ノーパン健康法の話で終わってしまいました。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック
関連記事

コメント

No title

そうかあ・・・褌をはいても、その上からパッチをはいたら、意味が無いですものね。腰巻っていう手がありますな^^さっそく!
いつも為になる情報を有り難うございます!

こんにちは

はじめまして。
いつもぺんぎんさんのブログを拝見するのを楽しみにさせていただいております。

ペンギンさんと同じ誕生日で、11日に二歳になった娘がいるのですが、
トイレのあとなかなかパンツをはいてくれなくて、すっぽんぽんで遊んでいることが多いのです(あまりに逃げ回るので、私があきらめてしまって、、)
洋服も薄着で、くつしたもはいていないのに(私は厚着してタイツにくつした、スリッパなのに)、寒そうにもしていないので、ほんとうはそれで大丈夫なのかな、と思ったりもしていましたが、
今日の記事を読んで、パンツをはかないのも、もしかしてこどもなりの理由もあるのかもしれないな、、と感じました。

いつもいろいろ勉強させていただいてありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします!

Re: No title

> (菊^――^菊) さま
パッチくらいいいんじゃないですか?昔はゴムがなかっただけで、あんまりパッツンパッツンだとよくないんでしょうね。パンツはウエストもソケイ部もゴムで締めるのが良くないのかな、と思います。
今の若い子の腰パンは健康に良いかも・・・

>yokoさん
楽しいコメントありがとうございます。
うーん、そのお嬢さんは将来大物になりそうですね。とっても健康な人なんでしょうね。
すぐ靴下脱いじゃう子も居ますよね。やっぱり気持ちよくないんでしょう。

子供は大人に比べて表面積が大きいので、あんまり寒いところに長時間ではご心配かもしれませんが、唇が紫色にでもならなければ、本人が平気そうなら、そのまま薄着でいいんじゃないでしょうか?

子供って面白いですよね。
子育て楽しんで下さいね~。

No title

そうですね。顔色がわるくなったりしていないか確認すればいいのですよね。
ほんとうに元気な子で、予防接種もしないのに、病気らしいことでお医者さんにかかったこともありません。
怒りたくなるようなことばっかりしますが、まだことばでコミュニケーションができないことが多いので、大人の常識を一方的に押しつけたらかえって迷惑なこともあるかもしれないと、ときどき感じます。
こどもは、私が失ってしまったかもしれないような、体の本来の機能をちゃんと持っているような気がするので、逆に教わることがあるのかもしれないです。こどもができてから、いままでの考え方(先入観みたいなもの)をくつがえされることがあります。
ナチュラルハイジーンのような食生活に興味をもったのも、松田麻美子さんの「子どもたちは何を食べればよいか」を読んだことからでしたし、私が甘いものをたくさん食べると母乳になにか出るのか、必ずその日は夜中によく寝てくれなくて、やっぱりよくないんだなと実感したりします。

Re: No title

>yokoさん
子育て中の母子からは色んなことを教えてもらいます。
甘いものを食べたらやっぱり子供もシュガーハイになるのでしょうか?本当に、子供って、自然のままだから、教えられること多いですね。
健やかな子が元気に育ってるってのは良い話ですね~。ウルウルしちゃいます。
お母さんが賢いと、子供はホントに幸せです。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)