FC2ブログ

摂食障害の自助グループ

ローフードブログ村に摂食障害の方が散見されることに心痛めてます。食養や食生活の改善がきっかけで摂食障害になった方もいらっしゃるようらしい。

前にも書いたけど、わたしには摂食障害が理解できません。うちに2度ほどかなり重症の摂食障害の人が来たことがあって、色々お話を聞かせてもらったのですが、やっぱりわたしには理解出来ない世界でした。

彼女は色々ネットサーフィンをして、ローフードの世界に「摂食障害を治した」人がいるので、自分も治そうと思ってわたしのブログを読んでいるのだそうです。だから、わたしのブログをそんな思いで読んでいる人がいらっしゃるのだ、と思ってとても驚いてしまいました。何の役にも立てそうにありません。

病気でないわたしが、摂食障害についてあれこれ言っても「パンがなければブリオッシュを食べれば良いのに」てな話をしてしまいがちなので、あまり語らないでおこうと思います。

ただ、やっぱり知っていて欲しいです。過食嘔吐するのも自由なのだから楽しんで過食して、吐くことも楽しんで欲しい。アンドリュー・ワイルさんの名作「太陽と月の結婚」によると、嘔吐ハイという世界だってあるのだそうです。

どうか罪悪感から自由になって欲しいなあ、と思います。

食養をやっていると、アレコレ食べてはいけないものがたくさんあるので、「ああ、これを食べては○○」となるの、よくわかります。わたしも少食宣言をして、白米ご飯の太巻きを食べて夕方になってもまだ胃が重い、なんて日々を送っているのです。ダメダメな毎日です。でもわたしはなぜか罪悪感を感じない。食べられる健康があるからだし、食べ物があるから食べられるわけで、これが食べ物のない環境だったら、食べたくても食べられないのですし、実際にそんな人たちは世の中に沢山いるのです。

いつも楽しみに読んでいるビックイシューという雑誌、この雑誌は路上でホームレスの人が販売しているものなので、本屋さんでは売ってないのです。一昨年の夏からずっと買えなくて、正月開けにやっと広島の販売員さんにお願いして読んでないバックナンバーを取り寄せたら、摂食障害の自助グループが紹介されてました。

それによると、摂食障害かどうかを決めるのは「自己否定感」なのだそうです。
たとえば、ローフードは身体に良いと知って、ローフードを一生懸命食べたとします。そして、ある時無性にパンが食べたくなって、パンをたくさん食べちゃった・・・

この場合、「なんかすごいたくさん食べた、お腹いっぱいでもうパンパン。シャレにならへんわ」と笑っていたら摂食障害ではないけれど、
「パンなんか食べてしまって・・・パンは小麦でグルテンで・・・身体に悪いしローじゃないし・・・しかもアホみたいにたくさん食べてしまって・・・もうわたし・・・ああ、ダメだわ」となったら摂食障害というわけなのでしょうか?
やってることは同じなのに、その受け止め方が違うだけで病気だったり、ただの脱線だったりするわけです。
だから本当に難しいのだと思います。

男性だって摂食障害の人はいるし、年齢も色々なんだそうです。
自助グループの名前は
日本アノレキシア・ブリミア協会 通称NABA

リンクを貼ろうと思ったら、勝手にリンクしないでね、と書いてあるので遠慮させていただきます。
東京の下北沢に事務所があって、例会などもやってるし、家族の会もあるみたいです。

一人で悩まないで、相談してみると良いと思います。
ちょうど2月20日には大きなお祭りもあるみたいです。
http://naba1987.web.fc2.com/events/pia2011.htm

産まれて来たからには、この世に絶対に居場所があるんです。生かされているんです。生きていていいんです。自由に生きればいいんです。
そんなこと、信じられないかもしれないけど、今あなたがここで生きてるってことはそういうことなんです。たくさんの犠牲の上にわたしたちの命はあるけれど、それは許されていることなのだから、わたしたちの命や生活のために犠牲になっているアレヤコレヤのためにもわたしたちは人生を楽しんで一生懸命に生きないといけないのよ、と思うのです。

いい加減に生きよう~。いい加減に食べよう~。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック



関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> 名無しの鍵コメさん。
コメントありがとうございます。
お友達を亡くされたそうで、大変お辛い想いをなさったと思います。
ただ、後悔なさったところで、やはりどうにもならなかったのではないか、と思います。
もしご自分を責めていて後悔なさっているのなら、どうかご自分を責めないで下さい。
助けるて上げることなど出来るものではありません。病気というのは心の病気でも身体の病気でも同じようなもではないでしょうか?

亡くなった方に出来ることは、後悔することではなく、時々思い出して忘れないようにすることなんじゃないかな、と思います。私が死んだら、誰かがそうやって思い出してくれると嬉しいな、良かった時のことを思い出してくれると嬉しいなと思います。
あなたならどうですか?

>食べ物を吐くなんて、、、という文章はどうなのかと。

申し訳ないけど、どこにそんな表記があるのでしょう?
わたしはそんなことは書いてないし、その程度のデリカシーは持っているつもりです。書いてないことで悲しい気持ちになられても、わたしも困ってしまいます。

病気の人は摂食障害に限らずたくさんいらっしゃいます。病気の当事者でなければ分からないこと、経験者でなければ分からないことがたくさんあります。
わたしに出来ることは「こんな方法もあるみたいだよ」という情報を提供する程度のことしかできません。

これを読んで悩んでいる人やご家族が自助グループに繋がって、立ち直るキッカケを得るかもしれませんし、それを祈って書きました。

不愉快に思われたのはお気の毒ですが、申し訳ないけど、コメントを下さるならもうすこしきちんとお読みになった上で書いて下さると嬉しいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> 名無しの鍵コメさん
いえいえ、どうか後悔しないでください。間違えはだれにでもあります。私のブログでカチンとくる人は珍しくありません。勝手な思い込みでメチャクチャなコメントをしてそれっきり~の人だっていらっしゃいます。
コメントを書くのも勇気のいることだと知っています。
ブログでこのような微妙な話題に触れるのも勇気のいることです。

どうかお友達のこと、その方が輝いていた時のことをたくさん思い出してくださいね。
病気も甲田先生に言わせると「神様からの贈り物」なんだそうで、病気があるからこそ得られるものもあるのだそうです。そんなこと言われても不公平だと思いますよね。でも魂にとって何が幸福で不幸なのかは普通の物差しでは測れないものなのだと思います。
「楽に生きよう」ではなくて、「いいかげんに生きよう」と書きました。もっと詳しく書くなら、「一生懸命いいかげんに生きよう」です。なかなかこれが人に伝えるのは難しいのですが、四角四面に一生懸命とは違うけど、でも一生懸命なんです。一生懸命すぎて病気になってしまう人がいるので、この場合「いい加減に」となるんです。その加減は本当に難しいです。

わたしもよくわからなくなるけれど、だれでも「生きてるだけで丸儲け」なんだと思います。それくらい今ここに存在していることって奇跡だし、とても神秘的なことなのだろう、と思うのです。

だからあなたも生きて下さいね。だれだって死ぬまでは生きなければいけないのですもん。わたしも死ぬまで一生懸命に生きていたいです。(私の場合デフォルトでいい加減なので、一生懸命するくらいでちょうどいいのです)
一生懸命に生きて、死が迎えにくるならばいいじゃないか、と思いませんか?

また気楽に遊びに来て下さい。ドキドキさせてごめんなさいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

はじめまして。
NABAのホームページ見ました。
私自身は摂食障害の自覚はありません。しかし、食べた後の罪悪感や太ることへの恐怖感、他者の評価がとても気になり、何気ない事(体型に関する言葉や体重の数値)で気分が大きく変わります。周りにも多大な影響を与えていると思います。頑張っても結果が出なければ意味がないと子供の頃から思っていました。
だから努力が無駄に思えて自分を否定して死にたくなります。
自分を認めてほしいのに、自分が一番否定しているのです。問題が起きたら人を責めたりもするけれど、その後はやっぱり自分を責めます。
生きることが苦しいと思うこともあります。
理屈でわかっても道が見えません。
ひとりで超えるのは大変かも知れません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こういう記事ありがたいです。

>やってることは同じなのに、その受け止め方が違うだけで病気だったり、ただの脱線だったりするわけです。

言い訳(って誰に?)かもしれませんが・・・。病気したことにより、食生活を見直そうとマクロビ(玄米菜食)、エドガー・ケイシー食事法、ナチュラルハイジーン、ローフードという食生活に変えていってから、いわゆるご法度フード(動物性食品や乳製品等)というのが頭にあり、それまで好き勝手に食べていた時は食べすぎてお腹パンパンになって苦しくなっても「あぁ~。バカだなぁ。あたし。食べすぎたわ~。太るよなぁ~。」とかって、まぁまぁお気楽な感じで済んでいたのですが・・・。
身体に良かれ、と始めた食事療法を始めてからは食べすぎてしまったら「せっかく、今まで体内キレイにしてきたのに・・・。」と思い、すごい罪悪感と自分の意志の弱さに鬱っぽくなりました。そのうちに過食しないときでも、日頃食べてない、元々好きなチーズや甘いパンを食べたい、食べたい、というのが常に頭ん中を占めるようになり、わざとジャンクなもの(保存料や添加物多い市販のクッキー、スナック菓子やパン、ソーセージ、フライもの、冷凍食品等)を食べるような過食になり、ますます自己嫌悪や自己否定感が強くなり、外見的にも太るので心と見た目のダブルで「あたし、醜いなぁ。」と苦しくなりました。
食生活を変えて3年位ですが、最近は、もう動物性食品も乳製品もアイスも甘いものパンも市販のスナックも「食べたらダメ」と思わないで、好きなものを食べたいと思うものを食べよう、ご法度フードとか無しにしよう・・・。とか思ってます。
とか、思いつつも・・・。少食でローフードな食生活なときは肌も体調もトラブルなかったので「やっぱり、早く少食&ローフードに戻したいな~」とかも思いますし・・・。性格によると思うのです。私はゼロか100か、やるかやらないか、で、やるならキチンと。ちょっとでも脱線しちゃったら「あぁ~。もう何もかも振り出しに戻った~」となってしまう性格だと思うので、食事法でもそうなっちゃって、摂食障害になってしまったんだと思います。ちなみに、心療内科での「摂食障害」の定義って曖昧というか・・・。その先生により言われることが違いました。
ぺんぎんさんみたいに、食養されている方が摂食障害のことを記事にして下さると参考になりますし、コメントで同じような方がいてるんだなあ。と参考になりありがたいです。はじめまして。の記事で長々と失礼いたしました。

No title

こんにちは。

「いい加減に生きよう~。いい加減に食べよう~。」

いい言葉ですね。

摂食障害になる人は「真面目」で、「完璧主義」で、「頑張り屋さん」な人、多いと思います。
性格が大いに影響するのですよね。きっと。
私は摂食障害になる人の気持ちがよくわかります。
完璧を求め過ぎて、頑張りすぎてしまうから。

ローフードもマクロビオティックも食養も、ある程度いい加減にやった方がいいと思うようになりました。(命にかかわる癌治療とかでなければ)

ストレスの方が身体に悪いって、もう常識になりつつあるみたいですし。

こういう問題って、ブログなんかではとても触れるのが難しい内容ですよね。

私はローフードを知って、美味しく食べられることを知って、ギスギスしていた心が解放されたので、ガリガリしていた頃より多少太ってしまったとしても、それはそれで、幸せを感じられるようになりました。

ローフードで心が解放される人が増えたらいいなぁ~

たくさんのコメントありがとうございます。

>拍手コメントの鍵コメさん
コメントありがとうございます。そうなんですね。今はもう回復なさったのですか?やっぱり自助グループは何かの役に立つのですね。経験者の方のコメント、とても嬉しかったです。
わたしも食養の脱線と摂食障害はちょっと違うような気がしますが、人によっては食養が病気のキッカケになってしまう場合もあるのかも、と思うようになりました。
でも、本来食養は病気の人が病気を治すために取り組むことで、たいした病気でもないのに食養にのめり込んでしまうのはやっぱりどこか本末転倒してるような気もします。
ほんとにコメントありがとうございました。

> takaさん
コメントありがとうございます。
一人で肥えるのは大変だと思います。病気と一歩手前とか、3歩手前の「境界例」はまた別ものなんだそうです。ほんのちょっとしたことでバランスが崩れることもあるし、簡単なきっかけで抜け出すこともあるようです。身体が100%健康、なんて人も居ないけど、精神が100%健康なんて人もいないと思います。
生きることは苦しいですよね。でも生きてるんだからいいんだと思います。

>鍵コメYさん
お久しぶりです。いつも読んで下さって、恐縮です。
そうなんですね。
わたしも毎日新聞のあのコラムは読みました。
わたしは思うのですが、病気だって必要があってなってるんだと思うんですよ。病気だったから分かることとか、病気から抜けた時に降ってくる「お役目」とか。病気を経験した人でないと本当に苦しい人を助けることはできませんもん。
夜明けの前が一番暗いっていうじゃないですか。深すぎる海はない、高すぎる山はない、開けない夜はない、やまない雨はない、ってことで、そう遠くない日にパチンって周波数が変わる時がやってきますよ、きっと。
精一杯生きましょうね。
また遊びに来て下さい。

>どんちゃんさん
コメントありがとうございます。
「食養やってる」なんて書いて頂いて、穴があったら潜りたい・・・
良いとか悪いとか、基準が変わると価値もひっくり返ると思いませんか?良いが悪いで悪いが良いで・・・
摂食障害の判断って曖昧なもんだと思います。鬱病だって、ボケだって、「わたし危ないかも」と思ったら病気のような気もするし、病気でないような気もするってもんです。医者によって判断が別れるのも当然だと思います。
どんちゃんさん、どうかあまり罪悪感を感じないでくださいね。出来れば良いか悪いかという判断は神様にお任せすることにして、自分で判断しないようにすると楽になるかも知れません。

また遊びに来て下さい。

>yoccicoさん
そうそう。摂食障害に限らず、いい加減で無責任な人は病気にならないんです。真面目で責任感の強い人が病気になったりするそうです。

ローフードは本当に心を解放してくれますね。だからローフードで摂食障害から抜け出す人もいらっしゃるんですね。
ローフードはありのままを食べる食事法ですもん。ありのままを食べたら、そのうちにありのままの自分を受け入れる助けになるのかもしれません。
お忙しいのにコメントありがとうございます~。

すごい納得しました

はじめまして。いつもブログ読ませて頂いてますが、初めてコメントします。
今回の記事がまさに今の私にぴったりハマっていて、納得しました。
私は過去に過食症になり、治ってからローフード、ナチュラルハイジーン、そして甲田療法に出会いました。
はじめは良かったのですが、ストレスが重なることが多くて、ローフードや甲田療法からは程遠いジャンクなものの過食が再発してしまい、いままた症状が薄れてきているところです。
そうなんですよね、気の持ちようなんです。
私も今回再発してから何となくそうだな、と思っていたことをぺんぎんさんがズバリ的確な文章にされていて、すごい納得しましまし、応援してもらっているような気分で安心もしました。
私は仰るとおり、キッチリな性格なので、そもそもはここですね。
これからもブログ楽しみにしてます。
良かったらこの記事に出会ったこと、私のブログに書かせてください。

ぺんぎんさん温かいです。

こんにちは。いつも拝読しています。コメントするのは2度目です。ローフード協会の是非を問う話題の!?記事のときでした。べんぎんさんは時々口の悪いいじわるねぇさん(失礼!)だなあと思う時があるのですが、鋭い考察にいつも勉強させてもらっています。今回の記事にはとても共感しました。わたしはこの春からローフードマイスター検定の教室を始めるのですが、肉も魚もほぼ毎日食べるし菜食家に憧れながらもなかなかなれない。でもそれでいいと思ってますし、旅行にいったら思い切りその時出されたものを楽しみます。ローフードを知ったばかりはあれもダメこれも食べれないと苦しみました。でもあるときから「食べちゃいけないものなんてない」「何を食べるかより誰とどう食べるか」だと気づいてから罪悪感はもうありません。だから、ローフードを始めてがんじがらめのひとたちに、これからローフードを始めるひとたちに、いい加減位がちゅうどいいのだローフードを教えていこうと思っています。だらだから、今回のぺんぎんさんの記事はとても助けになりました。ありがとうございました。

楽に楽しく。

ローフード始めたばかりの頃、私もがんじがらめになっていました。

やればやるほど効果(体が軽く、精神状態が良好)ゆえにローフード以外のものを口にしたときは 激しく後悔。

断食も大好きですしねー。なんだか、危ない一歩手前でした。

でも今はお気楽に、とにかく楽しもうという気持ちと、ご飯が食べらることに感謝の毎日です。

ローフード始めたばかりの人は、毎日グリーンスムージ飲まなきゃいけないとか加熱食は絶対NGなんて自分を縛りがちだと思うのでぺんぎんさんのこの記事とっても良いと思いました。
みっきねぇさんも書かれていますが、ぺんぎんさんのベタベタしないあたたかさが伝わってきました。

Re: すごい納得しました

> 華ノ和貴子 さん
コメントありがとうございます。
わたしのようなズボラも困りますが、キッチリした人にも悩みは多いのですね。今日yocciccoさんがブログにアップなさってますが、何事もバランスなんでしょうね。
貴子さんのような境界例の方も最後の一押しで自助グループに参加なさるのも良いかもしれません。病から抜け出した人は病気で苦しんでらっしゃる人を助けることも出来ますもの。
また遊びに来て下さいね。

>みっきねぇさん
お久しぶりのコメントありがとうございます。
上げたり下げたりありがとうございます。
そうなんです、食べてはいけないものなんかないんです。食べられるものがあるのは本当に有り難いことなのです。世界中で菜っ葉など食べたくても育たないところは沢山あるのです。水が悪くて生野菜など食べられないところだってたくさんあります。日本は恵まれているので、アレコレ贅沢が言えるんです。
マイスターのお勉強、頑張って下さいね。

>ルナさん
コメントありがとうございます。
わたしも青汁や青泥が食べられない日はやっぱり後悔します。炭水化物たくさん食べて昼寝しちゃったり、も後悔しますねえ。かといって、夫が家にいなければ、ロー三昧をやるか、といえばそうでもないので、同居人の精ばかりには出来ません。
最近はそうでもないですが、わたしがローを始めた頃は「加熱を食べたら即アウト!」な雰囲気が強かったので、大変でした。
また遊びに来て下さいね~。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)