セルフ・プロデュースするということ。

先日アップした情報商売の続きです。

わたしも「ふーん、どんなもんかね、ま、タダだし」ということでダウンロードしました。ブログにアップして、初アフェリエイトを試みたところ、わたしの予想を上回るたくさんの人がダウンロードしてくださいました。

ダウンロードで聞ける(見れる?)対談自体も、なるほどねえ~、なお話ではあるけれど、「続きはまた別の機会に」となっていて、なんだか「川口探検隊」みたいなのです。

そんな終わり方に、「ちぇ、結局そうですか」と思いました。ま、タダですからね。

ところが、メルマガが送られて来て、メンバーさんだけのブログが見れるのです。

この「創造的破壊プロジェクト」というもの、一人で動いている人(わたしは典型的にそうです。織物作家で、織物の経費を稼ぐために自宅で細々と料理教室もやっている、お金が稼げない主婦です。)
に自分をどう売り込めば良いのか、というノウハウを教えてくれるものです。

セルフ・プロデュースといえば、石塚ともさんはお見事だなあ、とわたしは深く感銘を受けたのですが、ローフードのブログをとても丁寧にお書きになっていて、コメントにも本当に丁寧に対応なさっておりました。わたしがローフードを始めた頃、日本語で読めるローフードの情報では圧倒的に良質でした。(もちろん、今もブログの質の高さは変わりません)

レシピも含めて、ローフードの食べ方や付合い方、などをご紹介下さりながら、本を執筆なさってました。最初は自費出版のような形で進んでいたのに、グスコー出版から出せるようになって、今ではローフードの入門書といえば、石ともさんの「ピンクの本」というまでに定着してます。

ご本人がどれだけ意識なさっていたのかは分かりませんが、ブログでファンを作って、ブログ村ローフードを盛り上げて、本を出版、というのはホントに目が覚めるような見事さでした。

最近の事例では、菊の助さんのカボスと柚子ごしょう。カボスは寒さにやられて完売には至らなかったようですが、柚子ごしょうはあっさり完売してしまいました。これはブログで菊の助さんが販売を始めて、買った人がそれぞれにブログで自慢紹介して、購買の輪が広がったのです。

柚子ごしょうは毎度人気商品のご様子ですが、カボスは売れなければ絞って1年分のカボスジュースになるところでしたが、売れたことで菊の助さんはきっとそのお金で新しい機械が買えたり、車の修理が出来たり、新しい化粧回しを注文したりするわけです。

また、わたしたちもおいしいカボスを分けてもらって、毎日幸せにローフードを食べられる、つまり、どちらもwin-winな関係になるのです。

これら、ローフードブログ内でのセルフ・プロデュース成功例だと思います。

わたしもブログは長く書いているので、アフェリエイトはもちろん知ってけれど、例えば自分のブログにアマゾンのリンクを張って、本の紹介もしていますが、アマゾンのアフェリエイトには登録してません。だって、誰かがわたしのサイトから本を買ってくれたとしても、たいしてお金になるとは思えないのです。だけど、自分の仕事をブログを使ってプロデュースする、となると話は別です。

この業界の異端児2人による危険な対談では、もっとスケールの大きな話で、わたしに何が欠けていたのか、わたしに何が出来るのか、ちょっと視野が明るくなった気がします。

このプロジェクトも18日まで。あと5日を残すのみとなりました。
ログインするために必要なものは、メールアドレスと名前だけです。名前はとりあえず適当なものでも良さそうですし、メルアドはメインに使用していないものをお使いになれば良いと思います。

ダウンロードできる対談よりもこの後に送られてくるメルマガやブログの情報はとても質の高いものです。
あんまり良いものなので、「やっぱりちょっと裏があるんじゃないか」という気がしなくもないですが、とりあえず失うものはなさそうです。

業界の異端児2人による危険な対談
のページを見ると 「AV業界」なんて言葉が出てきますが、対談の中で女性を侮辱するようなエロ話が出てくるわけではありません。(多分、わたしが聞き逃しているのでなければ)。
ピー音は、固有名詞らしい部分で、下品な放送禁止用語を使って対談しているわけではありません。こんな書き方誤解するよねえ、まあ、男の子だからこんな表現になるのかしら?大多数の人はこのような表現に「面白そう」と思うのですね。こんなところも勉強になるわけです。

今一万人くらいがダウンロードしているそうです。案外小さいなあ、と思わなくもないけれど、結構コアな世界なのだなあ、と思ったりもしています。


遅ればせながら、わたしも来年には個展を控えているし、セルフ・プロデュースについてきちんと向き合おうと思います。
個人でお仕事なさってる方、農家の人や、小さなお店をやってる方、自営業を考えてる方、きっと参考になると思います。

業界の異端児2人による危険な対談

では、連休最後の日曜日、お楽しみ下さいね~。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)