旅行の助っ人。

わたしは結構旅行することが多いです。
わたしの実家も夫の実家も遠方だし、展覧会に行けば何日か泊まりになるし、最近は何のために行くのか良くわからなくなっているけど、タイやバングラデシュに相変わらず出掛けてます。これも一種の里帰りみたいなものです。

家にいる時は、青汁だろうが、青泥だろうが、玄米だろうが、何の問題もありません。わたしが面倒がらずに作って飲めば良いのです。(柿茶はわたしが忘れていたら夫が作っている)

ところが、旅先となると、青菜の生なんてとんでもない!(水が悪いので、青菜を生で食べようとすると、ミネラルウォーターを使って野菜をリンスしないといけない)ところもあるし、日本国内だって、ミキサーのないところもあるし、勝手に料理出来ない場合も少なくありません。

国内旅行だって、青菜やビタミンCは十分に取れるわけではありません。

というわけで、お泊まりお出かけの必需品です。

IMG_1810.jpg

銀色の四角は、横の箱の中身。粉末柿茶です。これなら急須が無くてもカップ1つで柿茶が飲める。
そして、右の緑は粉末青汁。

スムージーが飲めなくても青汁さえ飲んでいたら精神衛生に大変宜しい。

粉末柿茶は、旅行用に分包を買ったけれど、瓶入りもあります。これで、旅先でも実家でも柿茶が飲めると思うととても嬉しい。

わたしは厳格に食養をやっているわけではないけれど、やっぱり外食が続くとしんどいです。特に海外を旅行中だと、会食が多かったり、朝ご飯を食べちゃったり、何かと大変ですが、柿茶と青汁があるだけでずいぶん気分が違います。

もちろん、人と食事をしない時には食べない、というのも便利ですが、新しい土地だと好奇心に負けて食べてしまうのです。これも芸の肥やし、と諦めて、カイカイにならない程度に食べることにしています。

あ、そういえば、粉末スイマグというと変ですが、マリンマグも必需品です。

旅行中も便秘しないってのは、快適なのです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック
関連記事

コメント

先日は、T君情報ありがとうございました。
姉の出産が近いので、青汁つくってあげようと思います。

今回の旅情報もとても参考になりました。
去年一週間ホテル滞在したときに、木枕は持って行ったのですが野菜に困りまして・・・。
今年はイワタニの小さいミルサーなら鞄に入るかな・・なんて考えていたところです。
ミルサーやめて粉末青汁と柿茶片手に出かけることにします。

木枕は分割できる携帯用があるみたいですが、私はそのまま旅行に持っていっています。
かさばるけど桐だから軽くて助かりますね。

ところで、粉末青汁はどちらのものですか?
この記事を読んで早速青汁を探してみましたが種類が多すぎて混乱してしまいました。
もし差し支えなかったら教えていただきたいのです。

Re: タイトルなし

>bambooさん
旅行中、青菜に困りますよね。粉末柿茶は今回初めて使ってみましたが、とても良かったです。柿茶があると安心感が違います。
青汁は、「もやし研究会」というところの「ポーレングリーン」というものを使っています。
オンライン販売もあるので、検索してみてください。
こちらは、丸元淑生先生ご推奨のサプリなどを販売しているところで、このグリーンパウダーには、花粉とか、各種スプラウトとか、プロバイオテックなども入っている便利なもので、わたしはこれを愛用しています。

木枕の携帯用、欲しいです。西会で売ってるのは知ってるのですが、大きいサイズしかないんですよ。その分割出来るやつってどこで買えるのか、良かったら教えて下さいませんか?

No title

ぺんぎんさん、こんばんは。

青汁情報ありがとうございます。
サイトもとても興味深いのであとでじっくり読んでみようと思います。

木枕についてですが、確認しましたところ、私が見たのは木枕を自分で切ってしまった人のものでした。分割は販売していないようです。あまりにも切り口が鮮やかだったので販売品かと思ってしまいました。
早とちりしてしまってすいません。

正規品の携帯木枕は7.5センチなんですね。
私も小さいもの(6.5センチ)を愛用しているので、でっかいかまぼこのまま新幹線に乗ります。

ぺんぎんさんのワークショップIN東京、参加してみたいです~

Re: No title

> BAMBOOさん
ほぉ~。自分で切っちゃうという技ですか・・・それはスゴい・・・やっぱりかまぼこのまま持ち運びですね。今回どうしようかなぁ~。(ちなみに東京には持ってゆかなかったです)
ワークショップ、詳細発表までもうしばらくお待ち下さいね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)