脱テレのススメ

うちは結婚以来テレビがありません。
結婚した時に「テレビは買う?」「いや、いらない」「わたしも別にいらない」
ということで、テレビを買わなかったので、そのままテレビ無しライフが続いてます。ダッカに住んでいた時も、バンコクに住んでいたときもテレビ無しでしたから、テレビ無し歴は18年になります。

テレビがなくて特に困ったことはありません。台風が来てる時なんかは天気予報が見たいな、と思うくらいです。今ではパソコンがあるので、台風情報はパソコンでチェックできます。

先日も夫義父の法事で夫親戚が集まった時のこと、みんなテレビの話題を当たり前にしております。お話に付いて行けないわたしたち。「うちテレビないのでわかりません」とお答えするのは毎度のことなので慣れてます。「え?テレビないの?」ってちょっとビックリされることが多いです。

大学時代の友達は、「え~、テレビないと寂しいやん~」と言ってました。なるほど、マンションでひとりぼっちだと寂しいのでテレビをつけているそうです。テレビがなくてもラジオだってあるし、好きな音楽を掛けるので、寂しいことはありません。

食生活の相談を受けることが少なくないのですが、「あ、この人は絶対ダメだ」というタイプに共通点があります。
「テレビではこういってる」という人。テレビの情報のほうが、わたしが言うことよりも信憑性が高いと思ってるんです。ま、どっちが正しいかはわたしにもわかりませんがひとつだけハッキリしていることがあります。

ダイエット情報でダイエットに成功した人がいるか?

一時的には痩せるけど、そのままキープできないのは、一時的に頑張るからで、ライフスタイル自体は変わらないのです。また別のダイエットビジネスのお客さんになるわけです。

健康情報だって、「健康に良いこと」はあれこれたくさんありますが、どれもこれも一面的な情報ばかり。みんな混乱してるし、もううんざりしてる、ってのが本当のところではないでしょうか?

はっきり言ってしまおう。
テレビで出てくる情報って、かなり操作されてます。
ああ、言ってしまった・・・

世の中の人がみんな健康になってしまったら世界は困るのだ。医者も困るし、製薬会社も困ります。だから病気はちっともなくならない。それどころか、新しい病気が増えるばっかりです。
世の中の人がみんなダイエットに成功してしまったら、困るのです。ダイエット食品は売れないし、病院も、エステの会社も、化粧品会社も製薬会社も困るのです。

ローフードでみんな元気でハッピーになってしまったら、世の中困るのです。

だって、考えてみて下さい。
わたし、ローフードを取り入れて元気になったので、サプリなどは柿茶とスイマグだけだし、化粧品はアイメイクとチークと口紅だけで、ファンデーションは使わないし、基礎化粧品も使いません。
シャンプーは使わないし、石けんだってそのうちに止めようと思ってます。香水もいらないし、台所用の洗剤だって使用料は激減。

加工食品はほとんど食べない、外食も減ってしまった。病院にはもともと行ってなかったけど、今では歯医者のみ。夫の花粉症も楽になってるので、こちらも医者いらず。中年だけど健康診断で引っかかることも無く、更年期障害に悩まされることもない。

世の中の人がみんなこんな風になったら、世の中は困るのです。だから、テレビでせっせと「あれ買え、これ買え」と洗脳するわけです。

テレビってホントに必要?

(というわけで、ローフードやナチュラル・ハイジーンをダイエット法だとおもってお付き合いしてる方、もったいないです。痩せるのは色々な恩恵のうちのたった1つでしかないのです。もっとすごいご褒美があるのよ。)

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック
関連記事

コメント

同感です。

こんにちは。たま~~~~にコメントさせていただいてます。
ブログはいつも拝見してます。
ぺんぎんさんの今回の記事もまた同感する部分がたくさんです。

甲田先生の療法に出会って、こうやってぺんぎんさんや色んな方のブログ拝見したりして 
色々な知識を得ていく中で日本という国、発展していく国というのは
決して良い方向にばかりにはいかないんだとつくづく思うようになってきました。

テレビっこの私はすぐに感化されやすいですが、最近は冷静です(笑)

宣伝されたお菓子を買い、食べて病気になって病院へ行き、薬を買う。

お金で病気を買っているというのでしょうか、何だかなぁ・・・と思いながらも

テレビっこの私はテレビ見てしまいますが(汗









まーったく!!!

同じような話を、昨晩夫としていました!!
夫はテレビっ子で、義理ママもなのですが、暇があれば見てないのにテレビがついている。。。そんな状態です。
日本語チャンネルを入れているので、私も見ることが増えましたが、日本の実家とチャットをすれば、母からは(こちらを思ってなんだけれど)、テレビであーいってた、こーいってた、と情報をくれ、夫は少し辟易中。
母が英語をしゃべらず、また夫が日本語をしゃべらないので、ちょうどいいかと思いながら、これが同言語ならどういうことになったかと、安心したりしています。

一人だとさみしいから、つけちゃうんですよね。あるから、つけてしまう。
でも、せっかく生の声が聞けるチャンスがあるのだから、「いや、テレビでは」ではなく、目の前の、努力している人の声に、耳を傾けようよ~と感じます。

アメリカでも医療なんかひどいですよー。同じ理由です。健康になりすぎたら、薬も売れないし、医者も困ってしまう。発展している国に見えても、全然なのです。

No title

こんばんは^^
私も、テレビ見ません。

父はテレビっ子なので、ほぼ一日中つけっぱなしですが。
(でも、父には子守唄みたいな感じらしいです。
ADHDなので、ホワイトノイズが必要みたいです)

若干オタク気味なので、話題なアニメをyou tubeで
たまに鑑賞するぐらいでしょうか。

そんなこといったら、実は新聞もあれですよねー。
(この前カウントしてみたら、朝日朝刊、半分の面積が広告でしたよ。)

昔から、ドラマとかバラエティとか観ない人だったので、
友達の話題はテレビばっかりで困ってました。
(毎日30分のみ、という約束で、それはアニメ見てました。
ああ、オタクになる要素たっぷりな子供時代)

今は、そういう話題をする人とは友達でないので、
本とか他の話をしてます。^^

アニメもスポンサーとかメディアミックスとか、
「売る為の要素」が色々ありますがね。
それに気づいて、あまり見なくなりました。

ああ、余談になってしまいました^^;

見なくても、なーんにも、困らないんですよね。
むしろ、要らないノイズがなくて、必要な情報がかえって入ってくる感じがします。
自分の取り組むべきことに、取り組める感じもします。

「むしろ、なんでみんなあんなに好きなんだろう?」
というのが、不思議です。
(高校時代、小説家志望なのに
「テレビが話しかけてくれる気がするの」と、
テレビが大好きな友人がいて、謎でした)

意識的に観てるのなら、いいと思うんですけれど。
大抵の人は、そうでない感じがするので。
無条件に信じ込んでしまっている、というか。

特技

ペンギンさん、こんにちは。
久々にコメントします。

私はテレビがあれば何時間でも過ごせます。しかも、チャンネル権を持たない末っ子で育ったので、番組の途中でチャンネルが変わっても大丈夫です。テレビって、ある種の人たちにとっては、偉大な発明だなと感じます。

その人が何に価値をおいているかによって変わりますが、私としては時間を空費しているなと感じてました。ネガティブな情報も多いですし。

というわけで、10年前にテレビをみないようにして、5年前からテレビは持っていません。

いまは、これで作り出した時間を如何に自分にとって有効に活用するかが課題です。ついグータラしてしまうのでf^_^;)

No title

拙者もテレビの無い、静かな快適な生活を送っております^^
当地に来た当時、裏山にアンテナを発見!うっかり、テレビにアンテナをつないでしまったら、さあ大変!すっかりテレビっ子に戻ってしまいました。夜更かしをするので次の日の起床も遅くなり、農作業が滞ってしまいました。幸い、竹の子の時季がやってきて、地下ケーブルだったアンテナ線を、竹の子が突き切ったか、竹の子掘りの人が切ったか、定かではありませんが、テレビが映らなくなりました。それ以来13年、テレビ無しの、静かな穏やかな生活を送っております。竹の子の時季になるたびそのことを思い出します。

No title

わー!ワタシも結婚以来、テレビ無し生活3年、今度4年目に突入です~
ペンギンさんに続けっっ!

Re: 同感です。

> curiaさん
テレビが家になくても感化されちゃうのですから、テレビがあったら、自分の考えだと思ってるものだって怪しいものです。
実は、夫はテレビ大好きなので、あえてテレビを家に置いてないのです。コタツとホットカーペットも・・・

>こっこさん
アメリカの医療はマイケルムーア監督の映画で見ましたよ。地獄の沙汰も金次第というか、なんというか・・・
わたしはNHKなど映らない安ホテルばかり泊まるのですが、テレビがあったら、ついBBCニュースとか、starsportsとか見てしまいます。NHKが映るホテルだと、やっぱりつい見ちゃいますね。あれは悪魔の発明です。

>うさぎもちさん
そうそう、アニメを使った子ども消費戦略の話は子持ちの知り合いから聞いてビックリしたことがあります。ねだられたら買っちゃいますよねえ、お金が苦しくても・・・・
テレビを見ないと、人の話題についてゆけないのですが、「うちテレビ無いから知らない」と言って、周囲を凍らせて楽しんでます。
ほんと、テレビ、困ったものです。

>tatさん
わ~。tatさん、末っ子だったのですね。
そうそう、なんかつい見ちゃって、時間を空費してしまうのですよ。ま、パソコンも大差ないかも、ですが・・・
どちらも困ったものです。要は何とかと鋏は使いようってことですね。

>菊さま
筍ってのはすごいですねえ。
テレビが家にあるのに、見ないってのは、好物の並んだレストランに行って何も食べないのと一緒で、並大抵の意志の力でできることじゃありません。

>yoccicoさん
yoccicoさんちもテレビレスなのですね。別に困らないし、地デジになっても関係ないし、NHKの集金の人が来ても、ほんとにテレビがないので、お帰りいただけるし、テレビないだけで毎月4000円稼いでるようなもんです。

こんにちは

私もテレビは見ないのですが、ふだん私の周りでは、テレビを見ることは当たり前という人がほとんどだと思います。
でもぺんぎんさんのブログでは、この記事に共感される方がこんなにいらっしゃるのですね。
最近ブログを始めましたが、ローフードのことなどはほとんど書いていないので、ブログ村にも登録していませんでした。
でも、やっぱりその周辺(ローフード関連)にいらっしゃる方たちと、考え方やライフスタイルのようなものが合うのだなと思いました。だから「ローフード」に登録してみようと思います。

Re: こんにちは

> yokoさん
脱テレするひと、わたしの周りでは少なくないですよ。テレビ自体を置かないのです。テレビって見てないつもりでも結構見ちゃうんですよ。
世間の話題についていけないことを気にしない図太さが必要です。お高く止まってるみたいに思われていらん反感買うことがあります。
ブログ村に登録すると、アクセスが増えますよ~。
でも、ローフードカテに書いてるからって、ローフードのことしか書いちゃいけないってもでもないと思います。稀に「ローフードのブログでこのような話は如何なものか」というコメントを下さる方がいらっしゃいますが、気にしなければ良いのです。
というわけで、わたしはあまり気にせずいろんなこと書いてます。
オーガニックカテにも登録してますしね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)