粉末柿茶はとっても便利

ただいま~。
バンコクは8月の京都みたいに暑かったのに、日本に着いたら外気温1度だと・・・

ダウンやカシミアのセーターを着込んで、う~、寒ぅ~。

バングラデシュと日本の時差は3時間。タイと日本の時差は2時間。行きはただの宵っ張りの朝寝坊になるだけだから、すぐに馴染むのだけど、帰って来たら、このマイナス3時間が厳しい・・・いつもだったらトロトロと眠くなる時間なのに、ぜーんぜん眠くならない。
普段に増して時差による宵っ張りの朝寝坊がひどくなってしまうのです。

バンコクからの深夜便の飛行機は、フライト時間も5時間ほどと短いので、ほとんど寝る暇もなく朝食に起こされて、なかなか厳しいものがありますが、機内食はまあちょっと食べて、後夕方まで断食をするとわりと回復することを学んだので、今回もお昼は青汁断食、夫もりんご半分と、機内食で出されたパンをモゴモゴ食べただけという少食にすると、寝不足でも結構元気に旅の後片付けが出来ます。

って・・・ホントはさっさと寝てしまおうと思ってたのですが、寝室の気温は4度。寝ようと思って布団に入ったのですが、寒くて眼が冴えちゃったのでした。

ああ、昼寝しそこなって残念。

歯列矯正を始めて初めての本格的な旅行でした。しかも、旅の目的は結婚式なので、「それ食え、やれ食え」と、ごちそう攻めが待ってます。

旅行の話はまたボツボツアップするとして、「これは良かった~」グッズのご紹介です。

旅行の助っ人でもご紹介したけれど、思った以上に良かったので、また書いちゃいます。

西式健康法が自動的に実践できる柿茶ですが、これの粉末があるんです。
商品名は「あすこるびん素」
はい、たいへんイケてないネーミングです。
柿の葉を赤血球くらいの大きさに粉砕だそうで、湯に溶いて飲んだり、ヨーグルトに入れて食べると良いらしい。

旅先で急須もないし、お湯もないし、という今回の旅行。粉末柿茶と粉末青汁を一緒にシェイクして柿茶入り青汁を作ったり、粉末柿茶を水でシェイクして、水柿茶にして飲むと、旅行中でもビタミンCがたっぷり取れる。

IMG_1810.jpg

あんまり素敵なので、瓶入りの柿茶パウダーまで買ってしまいました。これ、ビタミンCを強化したい時(つまり、疲れたり、ストレスを受けたり、寝不足だったり、日焼けしたりって時です)、スムージーに入れたり、ジュースに入れたり、もちろん、お湯で溶かしたり、と色々便利に使える優れものであります。

粉の青汁は、旅行中でなくても青菜がちょっと足りない時に補助的に使ったり、冬の断食に使ったり(生の青汁みたいに寒くならない)、こちらも大変便利なものです。

青汁粉はいろんな商品があるので、お気に入りを探すのも楽しいですね。

完全な食生活を続けることは難しいけれど、お助けグッズもあるのだから、やっぱり旅行は止められません。

粉末柿茶、お味もとっても良いものでございます。

IMG_1811.jpg


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)