被爆対策。

色々とお叱りのコメント頂いております。ありがとうございます。

さて、「逃げられない人はどうすればいいかを書け」というご意見もございました。誠にごもっともなでございます。

東京在住の方が圧倒的に多いと思います。原子力情報資料室のニュース記事のページの下に新宿区での放射線測定値が発表されてますので、東京お住まいの方はご参考にして下さい。→こちら
ずーっと下にスクロールしてゆくと数字が並んでいます。
余談ですが、このページの冒頭の地震・事故:福島原発 : 福島原発の危機について私たちは考えますー原子力資料情報室からのメッセージ(2)も併せてお読み頂けたら理解が深まると思います。

昨日に比べて今日は減ってるのですね。風向きのことなどあるのでしょう。

わたしたちは放射能漏れがなくても被爆しています。自然の放射能もあるし、レントゲンやCTなどで浴びる場合もあります。飛行機に乗ると宇宙線に被爆しますが、これもDNAの鎖を切ってしまいます。

以前書いたことがありますが、長崎の原爆で被ばくしたお医者さんと看護婦さん、味噌蔵で合宿しながら原爆被災者の救護に当たりました。味噌蔵ですから味噌はたくさんあったのですね。玄米と味噌汁を食べながら仕事をしたら、その方達は原爆症にならなかった、というお話があります。
長崎に落ちた原爆はプルトニウムを使ったものですから、これはスゴいことです。ウランは自然の中に存在するけれど、プルトニウムは自然の中にはないものだからです。
玄米のフィチン酸が放射能も出すのだろう、というお話です。

それとは別に、放射能は極陰性だから、玄米の黒焼きと塩辛い味噌汁が良いという話もあります。梅干しも。ブラックジンガーなんて、ちょっと高いものですけどは良いのかも知れません。

被爆したら、山に登って穴掘って梅干しを持ってもぐれば良い、と大本教の教祖が言っただか、書いたか、という話も聞いたことがあります。(未確認ですが要するに砂浴ですね)砂浴は良いかもしれません。

青汁、青泥ももちろん良いと思いますが、以上のいわば"自然療法"が共通して絶対ダメ!と言ってることがあります。

果物と甘いものです。
これはちょっと厳しいですが、厳禁なのだそうです。

以上、わたしの知っている方法、自然食編です。

そして、ちょっとお高いですが、ゼオライトが放射能を排泄する、という話があります。チェルノブイリの時にも使われたそうです。
こちらは売ってる方のサイトですが、このような資料があります。ご興味のある方はこちらを読んでみて下さい。(こちらで販売しているサプリをチェルノブイリの患者さんが使われたかどうかは不明。)

そして、被爆してしまうと長生きできないのか、気になってる方もおいでかと思います。
確かに被爆Jr.の人が若いうちに突然白血病になって亡くなっちゃうという例はありますし、癌になる方もいらっしゃいます。ま、癌には被爆してない人もなりますが・・・

でも、わたしは正直驚いてしまうのですが、直接被爆されている方で非常に高齢で自宅で暮してらっしゃる方も少なくないのです。80代とか90代とかで、元気に暮してらっしゃるのです。まあ、お年ですからそれなりではありますが、それにしても長寿だなあ、と驚くのです。うちのすぐ近くにも80過ぎで車も運転して元気に一人暮らししているおじいさんがいらっしゃいます。いつも身綺麗にして、家もスッキリと掃除が行き届いています。

今は携帯電話もあるので、わたしたちは癌や白血病になるリスクは桁違いだと思います。しかし、自然療法は新しいリスクとも戦える方法なのかもしれない、と思うのです。

わたしの記事を読んで不安になってしまった方には申し訳なかったですが、怖い怖いと思っていても仕方ありません。恐れを越えてその先へと進みましょう。そのためのメソッドをこのブログをお読みの方はもうご存知のはずです。

たくさんのコメントありがとうございます。
色々と教えて頂いております。どなたにも感謝いたします。

誠に残念ですが、コメント欄を閉じさせて頂きます。今まで頂いたコメントが読めなくなってしまうのは残念ですが、サーバーには残っております。
本当にありがとうございました。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)