掃除機対決。

わたしは苦手なことが沢山あるけれど、片付けが苦手なので、自動的に掃除も苦手です。
だって、片付けないと掃除は出来ないんだもん・・・

ってわけで、「これはスゴい!」というお掃除グッズに弱い。ついフラフラと買ってしまう。良い掃除機を買うと家がきれいになるような気がして財布の紐が緩くなるのだが、掃除機を買っただけで家がきれいになるわけはない。

「それじゃ、お掃除ロボットがあるじゃない」とおっしゃるだろうが・・・床に物が多いとあんなもの役に立たないくらいわたしにだって分かる。

というわけで、わたしはドイツ製の良い掃除機を持ってます。

重いけれど、ヘッドの周りのホコリまで吸い込んでくれて、雑巾掛けしたみたいにきれいに吸ってくれる。掃除機を片付けた後に掃除機の周りにゴミを発見してイライラすることもない。

たまにしか使わないので、ゴミパックだって半年や1年平気だ。
しかし、ダイソンも気になっていた。

ある時、いつも行く山奥のコーヒー屋さんで、マスターと掃除機の話になった。
彼はミーレとダイソンと大層悩んだ末にダイソンを買った。しかし、最近新型が出て、その宣伝が頭に来ているという。あ、その宣伝わたしも見ました。
「旧式のヘッドでは吸い残しがあるけれど、新しいのはきれいに吸うっていうアレでしょ。」
「そうそう、あれひどいよ」といたくご立腹。

実はダイソンも使ってみたかったわたし、そして、ミーレを使ってみたいマスター。

「ミーレはメタリックなボディといい、まるで掃除機のメルセデスみたいよ」
というと増々乗り気。
「一度交換しましょう」ということに相成った。

110423_1803~0001

ダイソンを連れて帰って早速使ってみる。
音はまるでいきなりバイタミックスを高速回転させたみたいな音だ。
床に強く張り付いて、ヘッドを動かすのに力がいる。
でも排気はきれいで掃除機特有のニオイはない。
ゴミ捨ても簡単で、確かに使うたびにポンと捨てれば良いので、掃除の成果が目に見えて楽しい。
コードが長いのも良い。
とりまわしはミーレのほうが良いなあ。

ということで、あまり長く貸していたら、ミーレの掃除機がウチに帰ってこなくなりそうなので、掃除機モニターは一週間でまた交換となりました。

マスターのミーレを使った感想。

モーターがブアーンとゆっくり加速する感じが良い
取り回しが軽くて良い。
ヘッドが動かしやすい。

うんうん、わたしもそう思いました。
ちなみに問題の重量もお値段も似たようなものです。

上等の掃除機を持ってるんだから、やっぱりちゃんと使わなくちゃね。
お掃除は東京から戻ってからにしよう。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック
関連記事