奇跡だった「行政監視委員会」。

一昨日の委員会は、奇跡だったのだなあ、とこれを聞いて思いました。



おなじみ、毎日放送のたねまきジャーナルです。この録音の前に小出裕章さんの電話インタビューがあります。
小出先生のコメントは、こちらから聞いてね。
http://youtu.be/JhhwFdCufUM
http://youtu.be/K-oh8Yq6iMA
小出先生の「今まで感じて来た絶望」のお話、じっくりお聞きしたいです。

この記者のお話では、この委員会は日頃閑古鳥が鳴いてる寂しい委員会なのだけど、この日は傍聴人が多くて、参議院の中継もアクセスが集中して、サーバーダウンだったそうです。わたしも最初アクセスできなくて、結局ustreamで視聴しました。ustだけで最後には、17000人ほどがこの中継を見ていたようなので、委員会始って以来のことだったようです。

このような、行政監視委員会に反原発の小出さん、後藤さんなどの人を呼べたのは、委員会の理事に電力関係とのしがらみが無い人ばかりだったからだそうです。それでも、自民党の議員が「なんであんなのを呼んだのだ」と後から文句を言われたり、民主の理事は「官邸からストップが掛かるかもわからないよ」と言われていたのだそうです。

理事の中に1人でも電力関係の人がいればアウトだったし、官邸からストップが掛かってもアウトだった。逆に言うと、それほど小出さんや後藤さんが国会で話すということは「ありえない」事なのです。
ついでに地震学者の先生、いい味だしてますね~。いやー、良い伯父さんだなあ~。

ふーむ、この期に及んで、まだ反原発はタブーなのか、と慄然としてしまいます。浜岡がドッカーンとなって、東京でも急性被曝で病院が満員!なんてことにでもならないと原子力は止められないでしょうか?
若狭湾で、今盛大にトラブっている「もんじゅ」が、ナトリウム漏れとか、ナトリウム火災とかを起こして「京都、大阪、東海もやばいで!」とならないと止まらないのでしょうか?

そんなに国土を放射能で汚して、国民を被曝させて、いったい国家って何なんでしょう?国土も国民も居ない国家?!

なんでそこまでして原子力をやりたいのでしょうねえ、原爆を作りたいなら、もう十分すぎるほどのプルトニウムはあるでしょうにねぇ、と不思議に思うのです。

ところで、急性被曝ですが・・・鼻血が出たり喉の下のほうが痛かったりしませんか?

福島から高知に避難して来た元東電の技師の方、福島第一から15キロま西にお住まいだったそうです。


26日追記。なんと!消されています。しかし、テキスト発見。こちらを読んで下さい。
【驚愕】元東電社員の内部告発

29日追記こちらで見られます。http://youtu.be/CTsgfWde6EQ

もうご覧になった方も多いと思います。
地震があって、津波が来たときに、家は大丈夫だったのですが、即避難開始なさいました。知識があるから、「地震、津波、炉心溶融」と予測してのことでした。結果は、全くその通りになるわけです。

すぐに原発から遠くに移動始めたにも関わらず、「急性放射能障害」が出たと語っておられます。大量の鼻水、鼻血、全身の倦怠感、風邪のような症状。

この方は、知識があったし、サーフィン友達がいるので、早い時期に高知まで逃げて来てます。そこで、「東電ってどんな会社か」という話を語ってるのです。退職金を850万円上乗せされて、副社長から「木村くん、わかってるだろうね」と言われ、よくわからないままに「はい、分かってます」と答えたんだ、なんて、楽しいお話を色々語ってくれるのですが、そんな楽しいお話よりも大事なお話。

放射性セシウムの話です。

セシウムは(タウリンと間違えて)筋肉に溜まる。男性は筋肉量が多いから、結果全身に行き渡って(と言うと変だが)薄まる。
ところが、女性の場合、乳腺と子宮に溜まる。だから、女性と子どもは早く遠くへ!とおっしゃっている。

そして、セシウムは何と!髪の毛からたくさん吸収されるらしい

それは初耳です。帽子をかぶった方が良いのは、髪に放射能のチリがつかないようにだと思っていたけれど、髪の毛から吸収するなんて・・・

だから、髪を晒さないように。つまり、イスラム教徒も女性みたいに、髪をかくせ、ってことです。

ものすごい現実の世界をわたしたちは生きてます。
そして、小出さんが国会で証言するように、世の中も変わっているところなのかもしれません。

わたしはどう考えても放射能を出すようなものでわざわざ湯を沸かす理由がわかりません。もうこんなバカなことは本当にお仕舞いにしなければ。

今すぐ制御棒を入れて発電を止めたって、「燃料棒」やら「使用済み核燃料」ってものは冷やし続けないと「崩壊熱」を出して、「炉心溶融」だの「メルトダウン」だの「再臨界」だのしてしまうのです。

そして、肝心の冷却装置は、電気がなくっちゃ動かないし、冷却のための配管は、大きな地震が来たら、ガチャガチャになって外れてしまうのです。

今になって、「実は配管は地震でこわれてました」なんて話がボロボロ出てくるのです。津波がなくても、電源喪失してなくても、冷却装置は壊れていたのです。

運転を止めたって、ちっとも安心できないんです。

いやだねぇ~、ほんと、原子力ってのはイヤなもんです。
わたしは嫌いよ、あんなもの。

放射能を取り込みやすい食べ物、取り込みにくい食べ物の表を見つけました。
地球と7代先の子ども達を元気にしてゆく情報発信サイト

このサイト、役に立ちますね。風向きも毎日チェック出来ます。
今日は広島にも放射能が飛んで来たみたいです。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック
関連記事

コメント

No title

うわぁ~。髪の毛からも、どうやって生きて行けばよいの~という感じです~。
奇跡の「行政監視委員会」とっても意味のあった事だと思います。どうかこれが沢山の人に触れて、良い方向へ事態が進みますように心から願います。
とても解りやすいサイト、ありがとうですー。パソコンを使えないママ達に例えいぶしがられようともプリントして渡そうと思います。
ベランダに出したスイートバジルの苗、家の中の窓際に入れよう~。虫の発生が、怖いですけど~

No title

きょえ~!!髪からなんですかぁ~!!
長髪の私ダメじゃん!!ひゃ~、どうしよう。
小出先生は相変わらず奇跡の人です!!
でも、その元東電の方の動画も良かった。
いつも素晴らしい情報ありがとうです。
あ~それにしても、髪、怖い。

No title

横はいりで失礼いたします。私は冬越ししたバジルを福島原発事故以来室内で育てていますがいまのところ虫の発生はありません。湿度が高くなると心配ですが。こぼれ種からたくさん増えてこの夏は庭がバジルの香りに包まれて、となるはずでしたのに。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> くまふみさん
そうですよねえ、雨に濡れるなったって・・・今日も濡れたよ。
ネットがなければ、この変化はなかっただろうな、と思います。何とかしないとね!
それにしても、テレビと新聞だけ信じてる人と、他のメディアから情報集めてる人で温度差スゴいですね。
鉢なら家の中に入れられるもんね。虫は大丈夫ですよ。

>あずきちゃん
ほんと、きょえ~です。やっぱりマコモdeシャンプーかしら?
小出先生、すごいですよねえ。ほんと、毎日ラジオの録音聞くのが唯一の楽しみ。
今日は「ものを言う気がなくなった」です。わたしももう・・・お風呂屋さんが・・・

>greenさん
バジル、越冬するんですか?それはすごい・・・ウチでは無理だろうなあ。霜に当てなければいいのかしら?

No title

ぺんぎんさん、一番寒い時期に鉢に移して、暖かい日はデッキに出す、それ以外の日は窓越しで、水やりに気をつけるを冬の間繰り返しました。この状況に備えていたかのようです。わずかな量ですがいただくときは涙が出るほどうれしいです。
テキストありがとうございました。ほんの少数ですけどマスク、帽子、手袋をして歩いている人を見ると妙に安心して親近感を持ちます。

Re: No title

> greenさん
わたしはもう秋になったら、全部摘んで、冷凍してしまいます。料理に使う分には十分です。
バジル炒めご飯食べよぅ~っと。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)