「原子炉の蟹」など。

いや~、実家に帰ると疲れます。夫なんか微熱まで出す始末。わたしは車の中でずーっとウトウトしっぱなし。一体なぜに実家はかように疲れるのか?

実家は来月80になる父と今月75になった母が二人で住んでいるのですが、「節電なにそれ?放射能?関係ないわ」ってな感じで暮している。放射能はきっとあまり関係ないだろうが、節電はもうちょっと協力してもいいんじゃないのかなあ?ジャーでご飯は温めっぱなしで、何度いってもこれを止めないし。

そして、テレビや新聞では、「電気が足りないキャンペーン」をさかんにやっている。これを見てたらきっと「原発ないとやっぱり困るよなあ」って思うに違いない。

年寄りよ、あなたたちはもう先が短いのだからいいかもしれないが、孫は可愛くないのか?本当に不思議なのです。
わたしだって、もう人生は存分に楽しんでいるし、先は短くはないかもしれないけれど、たいして長くもない。でも将来のこと考えたらやっぱり「たかが電気のために原発なんて」と思うのですけど・・・

多分両親のような人たちは、原発というのはものすごーいハイテクで、労働者なんて、「コントロールルーム」で5人くらいのエンジニアが計器を見ながら働いてる」くらいに思っているのだろう。わたしもこの本を読むまではそう思ってました。


原子炉の蟹 (講談社文庫)

もう絶版なのかなあ?おお!広島市の図書館には蔵書になってます。
ミステリーですから「フンフン」と気楽に読めます。途中で辛くなって本を閉じてしまうようなことはありません。これを読んだら原子力発電所内の作業というのがどういうものかわかります。

今は放射能だらけだから、雑巾でゴシゴシ拭くような作業はないのかもしれません。あの汚染水どうするんでしょう?

作業員といえば、@Happy20790 という方が現場から毎晩ツイートしておられます。4号機のモクモクとか解説してくださっている。現場の声がこれだけってのも不思議なんだけど、貴重です。

もっと固茹でなものがお好みの方は、やっぱり

原発ジプシー 増補改訂版 ―被曝下請け労働者の記録原発ジプシー 増補改訂版 ―被曝下請け労働者の記録
(2011/05/25)
堀江 邦夫

商品詳細を見る

でしょう。増補改訂版、すごいね。

「放射能なんか癌になる確率がちょっと高くなるくらいでしょ?何をそんなに大げさな?!」と思っている人も少なくないと思われます。そうでなくっちゃ「放射線管理区域」で子育てできるわけがないですから。

これはやっぱりチェルノブイリのその後のドキュメンタリー番組が良いと思います。
それから、小出裕章せんせい、ついに「東京の一部も子どもを育てちゃダメ」って言っちゃったですね。
こんなインタビュー見つけました。

http://www.ustream.tv/recorded/15579703

平川克美さんという方のインタビュー。
なんか、これ・・・小出先生の明晰さの前に平川氏のイマイチさがフューチャーされてしまっていて、小出先生も退屈そうです。岩上氏もちょっと話しすぎるところがありますが、平川氏はほとんど1人で話していて、それなら小出先生のお時間取る必要もないのに、って思うほどですが、このインタビューの中でも「東京の一部」とおっしゃってる。

毎日放送は頑張って色んな番組をつくっているようです。
『映像’11 「その日のあとで~フクシマとチェルノブイリの今~」
早くyoutubeでアップされないかな。

こんな映像などをみてもらったら、「ただ癌になる確率が増えるだけじゃない」ってこと、放射線による被曝にしきい値はない、ってこと、わかってもらえる。つまりもっとみんな大騒ぎするべき問題だってこと、気がついてくれないかなあ。

それでも原子力発電所が動かないと困るのかなぁ?

こんな便利なページ見つけました。
原子力資料情報室映像アーカイブブログ


後藤政志さんという方は原発事故直後彗星のように現れていきなりスゴい解説をしちゃうので、わたしはお話しの内容はもちろんですが、後藤さんという存在に仰天したものでありました。

なんといっても外国人記者クラブでの解説がすごかった。

3月14日の記者会見だったのですねぇ。それまで後藤さんはペンネームで活動なさっていたのだそうですが、この事故をきっかけに本名で、前職も明かして世に出て来たのですね。

原子力資料情報室といえば、高木仁三郎さんが残してくれたもの。ほんとうにありがたいのです。

なんだか今日もとりとめなくなってしまいました。

明日は八戸での小出先生の講演のアーカイブを見よう。またどんな怖い話しをなさったのか、楽しみなのであります。
今年の夏は稲川淳二さんの出番はないかも。現実の世界の方がもっと怖いから。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック
関連記事

コメント

No title

ぺんぎんさん、今日この本を注文したところです。現在出ているものは他の話も入っているそうです。今週中には届くそうです。

Re: No title

> greenさん
この本って、原発ジプシーの方ですか?増補部分もどうぞお楽しみ下さい。

No title

失礼しました。原子炉の蟹です。

Re: No title


そうなんですか?まだ販売されてるんですね、みんな読んだらいいのに。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)