FC2ブログ

小出裕章さん@広島~。小出先生写真館2

ああ、もう小出さんはわたしの新しい趣味になってしまったので、趣味カテにしてしまう。

(前置きが長いので、とっとと本論に入りたい人は、小出先生のお写真の後からお読み下さい。)

今日は待ちに待った、小出裕章さんの広島ライブ@中国新聞社7階のホールです。
フライヤーはこちら

午後一時半開場、2時開演の予定ですが、事前に得た秘密の情報によると、12時半より入場整理券を配布する、という。柳井で300人、周防大島でさえ400人近くの人が来たのだから、広島ならその倍は集まってもおかしくない。会場キャパは600だという。(大島での講演のレポートはこちら
後ろの方から胡麻粒のような小出先生を拝見するのは悲しいので、しっかり前に座れるように早めに出掛ける。

夫と一緒に11時半に開店時間を迎える紺ちゃんに開店早々「こんちは~」と押し掛ける。

「ああ、今日は行くん?小出さん」
「は~い、バレてますね。」(横で僕は行かないけど、と夫がブツブツ言ってる)
「誰か行く前にウチに来るような気がしてたんよ」
「あはは、図星ですねえ。12時半から整理券配布だそうですよ」と秘密の情報を伝える。

そういえば、店の中に奥さんのお姿が見られない。それぞれ好きなものを注文して、ラーメンの登場を待ちわびていたら、着飾ってきれいにメイクした奥さんが「ねえ、一緒に乗せてって、今すぐ子どもの食事用意するから」
「はいはい、お易いご用です。わたしたちもこれから紺ちゃんのラーメン頂きますから」
道連れが出来てわたしも大喜び!

ランチにおいしいラーメンを頂いて・・・
IMG_2209.jpg
(左は夫が頼んだ醤油ラーメン、右はわたしが頼んだ担々麺~)
紺ちゃん夫人をお借りして、一路中国新聞本社へ~。途中「あれ?どの河越えたとこだっけ?」とウロウロしてしまう。中国新聞は平和公園西側の河の西岸ですた。

新聞社の前で降ろしてもらって、紺ちゃん夫人と7階まで上がる。
あれ、こんなところにこんなホールがあったんですね。広島在住も19年目になるのですが、存じ上げませんでした。

着いたのは12時5分。もうすでに20人ぐらいの方が並んでおられたので、最後尾に並ぶ。
チケットの配布と共に12時半過ぎには開場してくれたので、とっとと一番前に座る。そのうちに、pupちゃんもやってくるので、すぐ後ろの席に座ってもらう。よく来たねえ。

pupちゃんとか、紺ちゃん夫人と色んな話しをしながら開演を待ちます。主催者の方が早く開場してくださったので、待つのはちっとも苦になりませんでした。

隣に座っていた青年とちょっとお話しすると、なんと!驚いたことに埼玉から来たのだそうです。
「ええ~?東日本でも講演あるやんか~」「いえ、あまりありません」
うーん、八戸のほうが広島より近いと思うのだけど・・・
なにやら、その青年は、6月11日の100万人アクションの時に広島に来たのだそうで、広島を気に入ってるのだそうです。
「ならもう引っ越してくればいいじゃない、空き家いっぱいあるよ」
「仕事はないよ、時給は安いよ、紺ちゃんのラーメン、美味しいよ。」
など、紺ちゃん夫人と一緒になって、勝手なことをいって誘う。
実際今西日本には空き家がある。仕事はないけど、時給は安い。

紺ちゃん夫人は「ぺんぎんさんのブログが小出先生ファンを増やしてると思うよ」と冷やかしてくれる。
もしわたしのブログを読んで小出先生のファンになってくれる方がいたとしたら、こんな嬉しいことはない。本気で原発を止めたい人を増やすことに貢献できてる、ってことだもの。

香山リカよ、小出先生に熱を上げているのは、ヒッキー男だけではない。奥様達もかなりいるのだ。ネットを駆使して、スピルリナやペクチンをアメリカから取り寄せ、乳酸菌を培養するような高学歴、頭脳明晰、リアルな世界に生きて、経済もそれなりの女性達だ!リカちゃん、メガネ買い替えた方がいいんじゃないの?かなり曇ってるよ。
リカちゃん発言についてはまた書きます。7日追記。アホらしいので相手するのは止めます。

そんな風に待っているうちに、小出先生が到着されて、セットされていたパソコンの動作確認をなさる。
今日は舞台の上なので、よく見えるけどやや遠い。高さが違うと存在感も遠くなるようだ。

なんか前置きがメチャクチャ長くなってしまいました。
ちゃっちゃと行きます。

先生、マイクの位置を直すの図。
IMG_2212.jpg

7日追記。録画アップしました。hakunamatataTJさん、ありがとうございます。
小出裕章さん広島講演 2011.7.3


今日の講演は広島ということで、やはりお話しは広島の話しから。

「広島はわたしの原点です。」

先生が中学・高校の多感な時代に東京で「広島・長崎展」というのをよくやっていて、何度も観に行ったのだそうです。
「核兵器とはなんと恐ろしいものよ」。はい、だれでもそう思いますよね。
そして、世は核の平和利用推進の時代。原子力は夢のエネルギーだという宣伝を信じてしまった裕章少年は、原子力の研究の道へと進むのでした。

広島の原爆と、先生が生まれ育った東京の下町の「東京大空襲」を飛んで来た飛行機の数、爆弾の数とトン数で対比してゆきます。
町が壊滅して、人々がたくさん殺されたのはどちらも同じですが、東京を焼いた爆弾は1685t。メモをとってないので、正確な数字は忘れてしまったけれど、366機(?)の飛行機がその1685tの爆弾を落として東京の下町を焼き付くしました。
翻って、広島はたった一機の飛行機が、一発の爆弾を落とした。
その量は、16キロトン。たった一発の爆弾で、なんと!10倍の威力です。
(先生のお話しの中にはなかってけれど、広島の町は原爆用に温存されていたらしく、空襲というものがなかったらしい)

灯油と火薬のエネルギーの比較とそのメカニズムを説明した上で、核分裂とはどういうことか、を説明して下さいます。
つまり、核分裂ってのはそもそもが爆弾向けってことを。

IMG_2217.jpg

そして、話しは原子力発電所のしくみや、チェルノブイリの事故の話しへと移ります。
福島での避難区域のお話し、それによって失われるものについて。

福島の地図と、上関を中心にした西日本の地図を重ね合わせて見せて下さいます。
飯館村などに当たるところは、下松とか光市。広島市だってちょうど100キロ。
つまり、ほんの「裏庭」にあたるわけです。

上関で何事か起これば、広島だって、「放射線管理区域並み」になってしまって、「年間20ミリシーベルトまで我慢しなさいよ」と言われ、放置されるってことです。

上関に原発がまだ出来ないで済んでいるのは、祝島の人たちが29年間も反対し続けてくれているからで、もし彼らがいなければ、もうとっくに上関に原発が出来ていたことを突きつけられます。

広島の人が「反核平和」と言ってる間もずーっと祝島の人たちが頑張って頑張って闘って来ておられたから原発が出来ないのです。


核も原子力も同じもの。そもそも核分裂というのは、爆弾向けなのです。それを無理矢理「平和利用」しているだけで、やってることは同じなのです。

ならば、反核平和を唱えるなら、「原子力」だってとうてい受け入れられない、という感性を持つべきなのだ、という、かなり痛いところを突かれて、お話しが終わります。

「安らかに眠ってください、過ちは繰り返しませんから」
という原爆死没者慰霊碑に掘られている文字で締めくくられました。

このエピタフ、実は色々問題が多い。
誰がどんな過ちを繰り返さないのか、何とでも取れるのだ。
「主語がなくても文章が成り立つ」という日本語の不思議を上手に利用した碑文である。

そこまで小出先生が意識されてこの碑文で締めくくったのかどうか、わたしは分からないけれど、誰がやったどのような過ちなのか、一人一人胸に手を当てて考えなければいけません。

IMG_2224.jpg

中国電力は原爆で本社を焼かれた。しかし、平和利用ならばいい、と、原発を作っている。わたしは広島に来た時に、市民活動家の知り合いから「『被爆者の人が平和利用ならいいのだ』と言う」という話しを聞いて愕然としたことを思い出します。でも、これが多くの広島の人の感覚だったのだと思います。

外から見たら、被爆地広島にある中国電力が、原子力発電所を地元の反対を押し切って、無理矢理建てようとしているのがどうにも理解出来ません。その違和感を多くの市民は持たずに暮している、ということにもまったく驚いてしまうのです。(もちろん、違和感を持って暮している人もいるけれど、残念ながら多いとはいえません。今日の会を共催している友人も、福島であんなことがあったから、こんなにたくさん集まってくれたけど、毎年人集めに苦労する、というようなことをおっしゃってました。)

でも、もう福島で起こったことで明らかになりました。原子力発電所だって、事故を起こしたら、みんな被曝してしまうのです。放射能にすべて汚されるのです。遺伝子をズタズタにされるのです。
そして、原子力安全委員会は、東海村の臨界事故で、「原子力安全神話なんかない」と白状しているのだ。
1度事故を起こしたら、もうその周辺には人は住めない。
ほんの800g程度のウランが燃えた原爆とは程度が違うんだ。

広島市民にとって、「核の廃絶」は間違いなく総意だけれど、「原子力の廃絶」となると、「なにがいかんの?」という話しになってしまう、という矛盾を突いている。
核も原子力も英語で書けば「nuclear」なのに、です。

だから、広島の人、眼を覚まそう。

質疑応答が終わって、主催者の方がご挨拶なさいました。
これがとても良い話しでした。

広島の人は被曝という問題を抱えて、何か体調が悪くなると「原爆で被曝したせいではないか」と心配しながら暮している。これからは福島などの人たちもそうやって心配しながら暮さないといけない。

他にもたくさんふーん、と思うお話しがあったけれど、わたしも最後の方は集中力が切れてブログにまとめるほど正確に思い出せません。

今日の小出先生のお話しも、大変に問題の本質を突く「恐ろしいお話」でありました。
だけど、この「本質」の部分に眼を背けていては今までと同じなのですもん。
眼を覚まそう。そして、行動を変えよう。
核廃絶というなら、原子力だって廃絶だ!

小出先生は本当にお話が上手で、この記事をまとめながら先生の明晰さにまたクラクラするのでした。

小出先生、いつも素晴らしいお話しありがとうございました。
そして、主催者の方、広島ならではの先生のお話し、本当に素晴らしかったです。貴重な会をありがとうございました。
小出先生の増々のご活躍と、ご健康、お祈りしております。

関連記事
気の毒な夫と、小出先生の余韻。


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

関連記事

コメント

No title

ぺんぎんさん、すてきなレポートありがとうございます。
しかし香山リカ、この人に言わせたら原発に反応してもしなくてもビョーキらしいから。正常なのは香山先生だけってことでしょ。ほっときましょ。http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20110621/275006/?P=1&ST=rebuild

No title

ぺんぎんさん、いつも毎日読ませていただいています。
どうもありがとうございます。

リカちゃん発言にブーイングしてくださって、これもまたありがとう。
だってわたしヒッキー男ではないもの。
半世紀生きて、毎日夜まで仕事をしている女ですもん。
なんだか原発問題は踏み絵です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ぺんぎんさん☆写真館、レポートありがとうございます~。小出先生の素敵な声と話し方がすきですー。生声ー。
原発問題、もっと、たくさんの人が向き合って考えなければ・・。小出先生のお話とぺんぎんさんのブログなら、みんなもっと解りやすく、コチラ側に入ってきてくれると思います!!

No title

はじめまして。小出先生非公式ブログのコメント欄から、こちらへこさせていただきました。
つい先日、広島へ行き、原爆ドームなどを見てきたばかりなので、小出先生の広島での講演の内容、かみしめています。。
詳しく書いてくださり、ありがとうございます。

平和記念公園、福島出身の私には、原爆ドームが、第一の建屋にも見えました。。

今年の原水禁世界大会には、反原発も盛り込まれると、愛媛新聞で読みました。
少し前のNHKのニュースで、広島の被爆者の方で、被曝で亡くなられた方を名簿に書いていた方が、「フクシマとカタカナでかかれたのを見て、胸が張り裂けそうだった」と言っておられました。
今回の事故で、避難を余儀なくされた方たちの中に、以前広島で被爆された方も何人かおられるようです。。被曝し、福島に移住していたそうです。
そういや、私の父も実は?広島出身でした^^; (両親と3歳ころに福島に移住)

同じ気持ちでつながって、これからみんなでよい方向に向かっていきたいですね。

Re: No title

あれれ、リカちゃんネタに集中してますねえ。あれにムカついた方多かったのですね~。

>maloさん
ほんとだ、リカなんか、結局カツマと同じ程度だから、相手するの止めるよ。時間の無駄だもん。こっちの波長まで下がりそうだ。ナイスアドバイス、ありがとう~。

>mamiさん
コメントありがとうございます。
リカ発言、あちこちで物議かもしてますね。2chの中でお休み下さい~って感じです。
ほんと、原発問題で人間の本質がよく現れます。これは小出先生のおっしゃる通り、差別の問題なんですね。

>鍵コメさん
お久しぶりにコメントありがとうございます。所詮彼女もその程度ってことを露呈したのですね。わたしたちとは無縁の世界だわ~。

>くまふみさん
あらら、こんなところにも、他所のご主人に横恋慕している人妻が~。
生声って・・なんかエロい感じが良いですねえ~。
小出先生は素人さんなので、ビデオで見るのも本物を見るのも、まったく同じ印象です。
良いお声ですよねえ。わたし、先生のお声を聞いてると、アルファー波が出るのか、眠くなるのです。

8月20日に尾道で講演があるけど、くまふみさんも来ない?

>かんなさん
はじめまして&コメントありがとうございます。
そうですねえ。わたしもドームなんか外国からのお客さんでも来ないと行きませんが、あれ、今みたら第一の建屋に見えるかもしれません。
崩れてくるから、っといって、一生懸命修復してるんですよ。わたしは崩れるままにしておけば良いと思うのですが、そんなわけにもいかないようです。
広島の人は被曝の悲惨さをよく知っているけれど、今福島で進行していることが、広島の被害の何十倍もの濃度なんだ、ってことはなかなか理解できないみたいです。わたしも大島での講演に行くまでキチンと理解できませんでした。

それを思うと、本当に背筋が凍ります。
核も原子力も同じものなのだから、向かう方向は決まってますよね。今変わらなければもう破滅しかありません。
本当に、5年後、10年後のことを考えると恐ろしいです。

No title

うわー行きたいですねー。尾道ですか~。良い方法ないかなぁ・・。主人は出張で尾道、年に2.3度くんです。自分、行ったことないんですが、うまく出張が重なる奇跡がおきて欲しいです~。

No title

小出助教の非公式プログから飛んできました。
楽しいブログ(だけでなく中身もしっかりある)ですね

香山リカ氏の件については他の方もおっしゃってますが、あの人は
自分に酔ってますね。ほんとに勝手にやってくれという感じです。

わたしゃヒッキーではなく、普通の?サラリーマンですが小出先生は
本当にスゴイと思います。まずは先生のサムライ度に惚れますわ
正しいと思っても40年はあまりに長く、容易に貫けるものではありません
きっと奥様も素晴らしい方なのだろうと思います。
それと、話の展開の仕方、説明の明快さ、わかりやすさも群を抜いてます
それでいて謙虚で暖かいですよね

それに比べると、カネと地位のためにしっぽをふり、話をさせたら訳の
わからないことを偉そうに語る御用学者と大違い

だから小出ファンはヒッキーだけでも奥様方だけでもないです。
おやじたちも尊敬のまなざしで見ています!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

>くまふみさん(だよね)
料理教室とか、西式健康法教室とセットで広島ツアーなんかどうかしら?

>Yossiさん
ご訪問&コメントありがとうございます。
お褒め頂きありがとうございます。そりゃ、男性にだってモテモテなのは存じております。
実はわたしの夫は「似ている」と言われているのですが(容姿ではなくライフスタイルの方です)、彼は小出先生のように徹底していないのです。同業者女性の間では、小出先生は家でもあんな感じなのかどうかが話題になっております。

小出先生の奥様、さぞかし素晴らしい方だと思います。わたしじゃとてもあんな方の妻は勤まりません。(誰も聞いてないって?)
ワイシャツをピンピンにアイロン当てるだけでも、もうあかんわ。

>鍵コメさん
コメントありがとうございます。
小さいお子さんがおられたら、なかなか思うようにならないでしょうが、お子さんが小さいのは今のうちだけだから、たっぷり楽しんでくださいね。

県外からくると??なこと多いんですよね。それがここの人にはわからない、ってところがすごくズレているのは、やっぱりダブルスタンダードがあるからだと思います。

今中先生の講演は、グリーンコープでの学習会です。もし組合員さんなら、組合員活動事務局のタカハシさんにお電話してみてください。10時から16時まで受け付けてくれるみたいです。
託児もあるので、ダメモトで電話してみてください。

No title

ペンギンさん、こんばんは。

7月3日の小出先生の講演会の時、たまたま隣に座った青年(?)です。
青年と書いて頂いたことは、嬉しいです。(実際は40のおじさんですよ)

早速4日に紺屋さんのラーメンを食べに行ってきました。
塩ラーメン好きの自分に取って、期間限定の薬味ラーメンが美味しかったです。
その際に、このブログの事を聞き、訪問させて頂きました。

戻りたくなかったのですが、5日の夜行バスで本日埼玉に戻って来ました。

ブログの内容素晴らしいですね。自分は面倒くさがり屋と、最初から凝ろうとするせいか、ブログが長続きしたことありません・・・

それにしても、日本に限らず海外の原発も何やら問題が続々出てきておりますね。その中で生きて行かなければならないのですから、出来ることはやって行こうと思っております。

これからも訪問させて頂きますので、宜しくお願い致します。

Re: No title

> おお~!隣の青年?さん。
ご訪問&コメントありがとうございます。
紺ちゃんいらっしゃったのですね。もしかしたら、小出先生の非公式ブログかfacebookからお越し頂けるか、と思っておりましたが、紺ちゃんでお聞きになったのですね~。
リアルな関係ですねえ、わたしたち。(まだリカ発言に怒っている。プンプン!)

広島ツアー、お疲れさまでした。
フランスでもアメリカでもボンボン景気良く事故ってるみたいですね。日本の政府だかなんだかしりませんが、あの人達は、九電とか四電など、田舎弱小電力会社にババを掴ませようと必死になってますが、わたしは昨日の和歌山の地震でマジビビってます。
再開なんてなったら、荷造りして1年オープンの航空券を買います。

今日、小出先生のお名前でわたしのブログが引っかかるかググってみたのですが、出てこないので安心して勝手なこと書いてます。
変なブログですが、いつでも気楽に遊びに来てください。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)