地震の心配とローでリビングな晩ご飯。

昨日心配していた玄海は、頓挫しそうな雲行きになってきたけれど、まだまだ安心できません。
世論なんか簡単に騙しちゃうもんね~ってのがばれたらしい。
原発説明番組で九電やらせ 運転再開支持の意見要請

いろんなことをしてどうやっても原発やりたい、プルトニウムを燃やしたいらしいけど、ボロボロと出てくるところがフクイチの放射能みたいだ。

玄海が頓挫しても、世間の目を盗んで伊方でやろうとしている。四国電力みたいな弱小電力会社、大丈夫なのだろうか?ババを押し付けられるだけなんじゃなかろうか?広島的に最悪のシナリオです。(住民エゴですが、なにか?)

しかし、あの人達、事故など起こらないと思ってるのだろうか?自分は放射能大丈夫だと思ってるのだろうか?それとも火星へ移住できるとでも思っているのだろうか?火星で住みたいか?
あたしゃ嫌だよ、地球がいいよ。

グレイという宇宙人のスタイルがありますが、あれは未来から来た地球人だ、という話しを何かで読んだことがあります。
「ほう、そんなもんかい、しかし何じゃあの姿は?」と思ったのですが、もしかしたら、放射能のせいであのような頭でっかちになってしまって、防護服にメガネをしていないと暮せないのであんなスタイルなのかも、というような夢想をする今日この頃でございます。
人というのは人種、性別を問わず、大変に美しいのに、あんな風になっちゃうの?残念だわ。

昨日和歌山で、関西的に言えば「大地震」が起こりました。広島でも市内は揺れたのだそうですが、わたしたちは食事中でしたがまったくわかりませんでした。ボロ屋ですがミシリとも言わないので、きっと揺れなかったんだと思います。

怖いですね、和歌山で地震。「すわ!東南海地震か?!」とビビりました。巨大地震の前には小さい地震があるんだそうです。どうか伊方でプルサーマルの再開なんてことはなんとしても止めて頂きたいです。

磁場のせいなのか、HAARPのせいか?大気のせいなのか、今日の午後はなんだかダルくて頭がぼんやりして、ゴロゴロと過ごしてしまいました。
中央構造線がズルズルと動き出すなんて事にならなければ良いのですが・・・

さて、新しいブレーキブースターを装着したわたしの車ですが・・・戻って参りました。
そうそう、この車のブレーキ、こんな感じだったわ~。

夫から「ちょっと変だって思ったらすぐに点検してもらわないと、ブレーキなんか大変じゃないか!」と叱られてしまいました。
いや、まあ、そうです、はい。あなたのおっしゃることはいつも120%正しい。あなたに乗ってもらわなかったら、「なんか変やなあ~」と思いながら破れたブースターのまま乗ってたでしょう。

事故などになる前で良かったです。部品もだいぶ安く買えて良かった。しかし、これで夏のバーゲンなのにお洋服が買えないわ。(ぺんぎんさんは着道楽~)

磁場のせいか、電磁波のせいか、大気のせいか、太陽フレアのせいか、わたしには良くわかりませんが、つまらないことで喧嘩をして、「今日は夕食を作らない」という暴挙に出てしまいました。奥様、無茶苦茶でございます。
気の毒な夫は、お餅とか大根とかで食べていたみたいです。
彼は更年期障害だと思っているようですが、それを口に出したら・・・あかんやろ!

わたしは、発芽玄米ヨーグルト&人参のスープと、ズッキーニ&スプラウトにアーモンドラッキョソース

IMG_2230.jpg

山盛りのスプラウトの上からソースをボトボト掛けたら、スプラウトがひっくり返ってしまって・・・残念な盛りつけになってしまいましたが、食べたら一緒です。

更年期障害にはローフードだ。ということで、久々にローばっかりの夕食でした。
晩ご飯にローフードってのはいいなあ。昼はどうしてもデンプン食べたくなるのよねぇ~。

ああ、久々にロー&リビングなブログ記事が書けました。
(え?ローフードの人はもう誰も読んでないって?!)

まあ、そんなことおっしゃらずに、ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック
関連記事

コメント

No title

初めまして。さいたま市在住です。いつもブログの更新を楽しみにしています。
福島から200キロ以上離れているさいたまですら、地震後移住する人、移住を考える人、国の暫定基準が信じられず水や野菜を遠方から取り寄せる人・・様々です。
あれ以来一見変わってないように見える生活も、根底では激変してます。
でも少し離れると、本当に狭い日本の話だけど、どこか他人事のようですね。
関東の母達は疲弊してます。これだけの距離があっても気がおかしくなりそうなくらいの心配を押し込めて無理矢理平常なフリをしています。
九電や関電の報道を見る度、やっぱり自分の身に起こらないとわからないのかなぁ・・・と。東電は論外です。
最近原発が前進しそうになるとその周辺できっちり地震が来るような気がして。地球が怒っているのかしら(と考え過ぎてスピリチュアル思考にすら)。



No title

>(え?ローフードの人はもう誰も読んでないって?!)
ははは~、うける~、ぺんぎんさん大好き。
原発離婚が増えてる?ほんとか?て思ったけど、なんかわかる。結束するか、別離か。最後の人生どう生きるか?
しかし最後は放射能いり野菜で青汁。クロロフィルが放射能に勝つことを信じて。になるのかなあ・・

前進!

ローフード人、読んでますよー♪

3歩進んで2歩下がる♪の状況ですが、
私は脱原発が、亀のようにじりじりと前進しているのを感じます。

神奈川県葉山でも、やっと校庭の土壌調査が始まり、
微量ですが2種類のセシウムが発見され、
いくら微量でも半減期の長いセシウムが検出されるところに子供たちを置いておけないという常識的なお母さんたちが、
町議会相手にがんばっています。

私は秋に関西へ移住しますが、日本の底辺で大きなうねりが起きているのが、
確かに感じられます。
動き出すのはじりじりでも、引っくり返るときは一瞬ですよ、きっと。
ベルリンの壁みたいに。

話は全然違いますが、バングラディシュの男の子の里親をしています。
バングラディシュのお話、また気が向かれたら、書いてくださいね。
楽しみに待っています。

ローフードの人です。

はじめまして、ぺんぎんさん。
えみゆと申します。

二年ほど前からマクロビオティック、そして一年前から(夏季限定)ローフードを実践中です。

ぺんぎんさんのブログは以前から読ませていただいております。

色々な問題を提議されておりまして、テレビも読まず、ネットも好きなところへしか行かず、友人との会話は日々のたわいもないお話しばかりしている私にはためになるお話ばかりです。
いつもありがとうございます。


私の狭い世界では原発に対する意見などしてはいけない気がしておりましたが、少しずつ勉強して自分の考えを持とうと思います。


まとまりのない文章ですが、、、ローフードの人も読んでますよー。
という表明(?)でした。

Re: No title

> みやさん
コメントありがとうございます。
ご心労お察しいたします。
広瀬隆さんは東京のどこからかは分かりませんが、お孫さんを関西に逃がしました。
もちろん、関西だって、広島だって九州だって福島からの放射能を被っているので、安全でも安心でもありませんが、鼻血が出る、などの話しは聞きません。野菜も水も普通にあります(まったく汚染されてないわけではないですが)

わたしはずいぶん昔に広瀬隆さんの「ジョン・ウェインはなぜ死んだか」という本を読んで、原発事故が置きた時は100キロ200キロなんて距離は意味がない、ということを学びました。

どうかご自分でよく調べて、賢明な判断をなさってください。


>maloさん
まあ、maloさんもわたしももう何食べても良いじゃないですか。スプラウトとか、ウイートグラスとか、乳酸菌とか、高酸化作用の強いスーパーフードとかは趣味みたいなもんですね。
ジワジワ殺されるの、いやだなぁ~。

>金木犀さん
ああ、奇特な方もいらっしゃったのですね。もうみんな逃げ出したか、と思ってました。
関西、人気ですが、大阪だって福井からたったの100キロですし、水瓶の琵琶湖に至っては、たったの30キロなんですよ。井戸が掘れるようなところにお住まい下さいね。
わたしは伊方が動き出したらマジで航空券買おうか、と思ってます。
バングラデシュの里子さん、可愛がって上げてください。
長期の移住でお金がなかったら、わたしバングラデシュの友達の田舎に籠って歌なんか歌って余生を過ごすのも良いなあ、と思ってます。
毎日カレー食べて、ブクブクに太って、バングラの田舎で歌三昧なんて、それもいいかも。

>えみゆさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
マクロビをやりながらローフードってのは混乱しませんか?まあ、ご健康な方ならば問題ないでしょうけれど。

わざわざ友達と重い話しする必要もないですよね。頼まれもしないのに「酵素が大事」とかいわないのと一緒です。
原発の話題を出すかどうか判断するのに、洗濯物をどこに干すか聞いて判断する、っていう話しを聞いた事があります。
知らない人はそのまんま、やられっぱなしです。知ってる人だけが自分で考えて行動できるんです。

わたしはめんどくさいので表面的なお付き合いしかできない程度のお友達は作らないことにしています。子どももいないのでそんな勝手なことができるのかもしれませんが、人生短いので、余分なエネルギー使いたくないです。
もう本音で生きても良いんやないですか?どうせ先は短いのですもん。

というわけで、ご愛読、ありがとうございます。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)