311から半年。

3月11日の震災から今日で半年になります。
なんか呆然としたまま日々が過ぎてきた感じがします。

原発震災からわたしが一番変わったこと。

新聞を一面から読むようになった。

これまでわたしは新聞は後ろから読む派でした。テレビはないから、テレビ欄は素通りで、いわゆる「三面記事」を読んで、スポーツや経済は飛ばして、国際欄を読む程度。テレビが家にないので、新聞を取る必要もないから、ウチは新聞もとってません。でも時々図書館や喫茶店などで新聞を読む機会がある時は必ず後ろから。

いい歳をして恥ずかしいかぎりですが、政局のニュースを読んでも面白くないし正直よくわからなかった。世の中とわたしはまったく繋がっていなかったわけだ。
原発の問題に感心がなかったわけではなく、昔から原発は嫌いだったし、放射能も嫌いだった。医療被曝もイヤだったし、食品添加物だって今も昔も嫌いなことは変わらない。国内問題も南北格差問題に感心があり、それは人と人とをわける差別や区別、自由への抑圧に深い嫌悪があった。(だけど市民運動は苦手)

多分普通の同年代の女性に比べると社会や世界への感心は高かったと思う。
けれど、「政局」とわたしの間には次元が違うほどの乖離があった。

でも、3月11日を境に世界が変わって、むき出しになった悪意が押し寄せてくる。政局だって、そのむき出しの悪意の現れだから、新聞も読むところが急に増えてしまって一面から目を通すようになった。

こんな事態になって、新聞を一面から読むというのも情けない話しだけれど、自分でもびっくりするほどの変化です。

そして、こんなビデオばっかり見ていることも。
福島原発事故講演会:ガンダーセン氏,ヴァーモント大学7/23

日本語訳はこちら
福島原発事故講演会:ガンダーセン氏,ヴァーモント大学7/23(日本語訳)
ガンダーセンさんは、スリーマイル島の事故の時に収束の指揮をとった技術者だそうです。

日頃小出先生や後藤政志さんの講演で鍛えているので、英語でも怯まない。


上関町長選山戸貞夫さんへの応援カンパの振込先です。
(山戸さんのご意向を聞き、11日変更いたしました)

山戸さんからのメッセージ
カンパの件、大変ありがたいです。お気持ちありがとうございますm(_ _)m
祝島島民の会

銀行振込み
ゆうちょ銀行
加入者名:祝島島民の会(イワイシマトウミンノカイ)
店名:一三九(イチサンキュウ)
当座:0067782

郵便振替
加入者名:祝島島民の会(イワイシマトウミンノカイ)
口座番号:01390-4-67782

〒742-1401
山口県熊毛郡上関町大字祝島218
上関原発を建てさせない祝島島民の会
(「祝島島民の会」、あるいは「島民の会」宛でも郵便物は届きます)
iwaishima@gmail.com


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック
関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

木下黄太さんの講演会

ぺんぎんさん、はじめまして。ご挨拶ははじめてですが、こちらのブログはかれこれ2年か3年、覗かせていただいておりました。わたしは子どもふたり含めた家族でヨーロッパに暮らしておりますが、日本で3月に起こったこと、そしてそれからずっと起こっていることに、心をとらわれたままの、半年でした。ぺんぎんさんのブログを読んで、勇気づけられることも、またさまざまな情報を読み手にあたえてくださることも多くあり、また時々にはすかっとさせていただいたり、くすっとさせていただいたり、、いつもありがとうございます。
ところで、今回コメントしたのは、ご存知かもしれませんが、「放射能防護プロジェクト」というブログを書かれている木下黄太さんが、9月23日、24日と広島県の福山市と尾道市で講演をなさるということを知り、ぺんぎんさんにご興味がおありなら、おいでにならないかと思ったからです。もしおいでになりましたら、そのようすをこちらに。。。。などと、都合の良いことをかんがえたりしてしまった、いち読者です。これからもたのしみにしております。
こちらにその講演会の情報があります。http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927

Re: 木下黄太さんの講演会

> Bieneさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
ヨーロッパから日本の状況をご覧になってどれほどお辛く歯がゆく思っておられるかと思います。

木下さん情報、ありがとうございます。
うーん、福山尾道ですねえ。駐車場がなぁ~。それより車の調子もなぁ~。そのタイミングなら、9月の料理教室dutyも終わってるので行けなくはないけれど・・・
どうするか、ちょっと考えます。(夫と木下氏を天秤にかけるワタシ)
小出先生の大阪での講演には「里帰り」と称してほいほい出掛けるのですが・・・

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)