車を諦めて実家に戻る。

一人暮らしに飽きて、ってわけじゃないけれど、実家に戻ってきた。
車で来るつもりだったのに、昨日から車の調子が悪い。エンジンは最高なのだが、バッテリーの警告灯が点灯するのだ。

おかしいなぁ?と、電車でも行けるように、荷物を減らして、でもパソコンは詰め込んで(MacBook重いぞ!)ガレージへと向かった。ガレージからはJRの駅まで平地徒歩5分くらいだ。

ガレージに向かっていたら警告灯は消えたので、そのまま大阪に行ってしまおうか、という誘惑に何度も駆られるが、「見てもらってからでも遅くない」と自分を抑える。
エンジンのふき上がりは良いし、サウンドも最高。エアコンだってギンギンなのに。

メカニック息子が電圧を測ってくれる。「電圧が高くなるのがおかしい。ダイナモを変えた方が良い」おいおい~!!

そんなことを言ってるうちにメカニック父が戻ってきて車を見てくれる。この方昭和11年生まれのベテラン。
オルタネーターには電圧を調整する装置が入っているのだが、それがイカれているのだろう、という。

うーん、じゃあ、お願いしますぅ~。とヨロヨロJRの駅に向かったのでありました。

切符を買って、母に電話をし、新幹線で向かうことを伝えると、「新幹線なら安心」と言われてしまう。まあ、母はワタシの運転のことを心配していて車の故障のほうは心配してないのだろうけれど、わたしは自分の運転よりも車の故障が心配だ。

朝から慌てて色々準備したせいで、本も持ってない、MP3プレイヤーは持ってるのに、イヤフォン持ってない、デンタルフロスも忘れる。木枕は持って来れない。

両親に原発状況などを問われるままに解説する。他にも「お茶は3年買うな、まあ、あなたたちはストロンチウム食べて20年後に癌になってもいいだろうけど、わたしは食べるわけにはいかない」「NHKは東電の社債を100億も持ってるので、東電を潰すような報道はしない、出来ない」など。

「よ~知ってるなぁ~、やっぱり若いもんは心配やわなぁ」

さすがに放射能の影響は老人ではなく若い者に出るということは知っているみたいだ。

母が「70歳過ぎが福島に行って働いてきたら良いねん」というから
「あの中は35℃から50℃ほどもあって、めちゃくちゃ暑いねんで」
というと、「あ、そう?!」と絶句していた。
ついでに言うと、ロボットなんか入れても中性子線やらで計器が壊れちゃうから温度を測るとか、線量を測るくらいのことしか出来ないらしい、というと、それにも驚いていた。

原発での労働というのはどういうことか、樋口健二さんの講演がよくわかる。
88年の講演なので樋口さんはまだとても若い。
闇から闇への原発の完全犯罪


10まであるけど順番に見れるようになってます。

クリーンな「コントロールルーム」で数人の人たちが計器を見ながら働いているだけだと思っている人が多いようだけど、実際はちと違う。

「今回は何で帰って来たの?」と母が聞く。そんなこと聞かれたことないので、迷惑だったのか、ちょっと心配になる。珍しく顔を出したと思ったら、放射能がどーのこーのという娘など迷惑以外のナニモノでもないだろうが・・・

「講演会に行くの。すんごい素敵な人なのよ」と目をにして語ると、母はちょっと呆れていた。
明日は小出裕章さんの講演会。

今日は3時過ぎから母と散歩を兼ねて買い物に行ったけど、明日夕方まで何をしよう・・・

フランスの核施設でも爆発があったみたいですね。
フランス南部の核施設で爆発 1人死亡、4人負傷

もうやめようよ、こんなこと。

上関町長選山戸貞夫さんへの応援カンパの振込先です。

山戸さんからのメッセージ
カンパの件、大変ありがたいです。お気持ちありがとうございますm(_ _)m
祝島島民の会

銀行振込み
ゆうちょ銀行
加入者名:祝島島民の会(イワイシマトウミンノカイ)
店名:一三九(イチサンキュウ)
当座:0067782

郵便振替
加入者名:祝島島民の会(イワイシマトウミンノカイ)
口座番号:01390-4-67782

〒742-1401
山口県熊毛郡上関町大字祝島218
上関原発を建てさせない祝島島民の会
(「祝島島民の会」、あるいは「島民の会」宛でも郵便物は届きます)
iwaishima@gmail.com


ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)