FC2ブログ

怪しい製品

遠赤外線のパネルヒーターを購入したら、電磁波の害などを改善するコンセントなるものが付いて来た。

洗濯機に付けたら洗濯ものが絡まなくなるとか、冷蔵庫に付けたら野菜が長持ちするとか、携帯電話に付けたら電磁波の害がなくなる?!ほんまかいな~。

ちょいとデザインのいい箱に入ってるその製品は、軽いし、プラスティックだし、ただのコンセントにしか見えない。しかも一口で、スイッチ付きで6000円くらいするらしい。

怪しい~。

この製品には姉妹品が色々あって、配電盤に磁石みたいにくっつけるものとか、延長コードみたいなものとか、車のバッテリーにくっつけるものとか、家の下の地面とか庭に埋めるもの(これらは20万円くらいする怪しさ)とか、飲み水に入れるといいとか、なんだか節操がないというか、何と言うか・・・

(宣伝するわけじゃないけれど、こんなものなので、興味のある方は見て頂戴→こちら

車につけるものはちょっと興味があるけれど、3万円チョイするのだから手が出ない。

怪しいあやしい、どうして世の中にはこのような怪しい波動商品が存在して、よくわからない説明書きがついているのだろうか????

と思いながらもそのコンセント、使わないのももったいないから、我が家の15年選手で老化がひどくてコンプレッサーの騒音が堪え難いご臨終手前の冷蔵庫につけてみた。

すると、心無しか野菜の持ちが良いようなきがする。設定を変えてないのに夏場でも冷蔵庫の豆腐が凍ってしまうほどしっかり冷やしたりするし・・・騒音は相変わらずだけれど、臨終間際だったのにこわれもせずにあれから2年半くらい経過していて、冷蔵庫はまだまだ現役。

結婚してディスカウントストアで適当なものを見繕って手に入れた製品なので、メーカーものでも安物ライン。10年で壊れるのがお約束なのだけれど、15年働いた上にまだ働いている。

そんなコンセントのことや冷蔵庫の寿命のことなど忘れていたあるとき、lazytokさんのブログに同じ製品がひっそりと紹介されていて、苦手なパソコン作業が楽になった、という書き込みを発見!
そちらの記事はこちら→暑中お見舞い申し上げます

ふーん、ホントに効果あるんでしょうか?
電磁波カット商品には生体エネルギーとやらの商品もあるらしい→こちら

コチラの製品は、目には目を、電磁波には電磁波を、ってことでコンセントに差したり、電池で動かしたりして使うものらしい。
うーん、それは効きそうな気がするが電気を使うってのがなんかなあ~そうでなくても家中電気製品だらけなのに・・・ローフードを取り入れて調理家電は増える一方なのに・・・

う。ううう~。ほんまだろうか、この微妙にお高い設定な何なんだろうか?本当に効果があるなら安いのかもしれないが、生野菜食べて健康!というような分かりやすさがないのは何故なの?わたしの頭が悪いだけなんだろうか?

冷蔵庫の寿命がこのコンセントのおかげで数年伸びたと思えば、たとえ6000円少々で購入いしても安かったのかもしれないが・・・この手のモノを買い始めるとなんだか節操がなくなるようで自分が怖い。でも車に付ける製品は気になるし・・・気になるけれども手が出ない、そんな世界です。

どなたか、お使いの方、または「あんなのインチキよ~」という方、「もっと良いものがお安くあるわよ~」という方、お薦め商品、お薦めの使い方など、ご意見、ご感想、お待ちしております~。

「そうそう、そういえば、ぺんぎんさん、車に怪しいものつけてたじゃない」,って方、そうなんですよ~。
その後の話、そのうちにご報告いたします。

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック

カイリくんをつける。

ローフードを始めてから2年以上になります。色んな変化があるけれど、たとえば、PMSがなくなった、ストレスに強くなった、根気強くなった、など。まあ、みなさんもお馴染みなご褒美だと思います。
(お肌がきれいとか、スタイルが良くなるとか、若返るとかはまあ、当たり前ですよね!)

車の運転が上手になった!ってのもあります。
車の運転をする時は、機械(動く凶器だ!)を操りながら、路上の状況を常に観察し、判断しながら、機械を操らないといけないので、かなり高度な集中力と判断力を求められます。おまけに、駐車の技術、車幅感覚などの超能力まで求められるのが自動車の運転です。

これが、前みたいに面倒だったり、怖かったりってことがなくなったんですよ。もちろん、車の運転に慣れた、ってのもあるし、車の性能に助けられているところもあるけれど、ほんとに車の運転、状況判断が上手に出来るようになりました。

昨日から甲田療法の生菜食を再開しましたが、これ、とっても燃費が向上する食べ物ですね~。今日など、明日の料理教室の買い物に行って、家に戻ってから、昼食を食べて、映画を見に行って、料理教室のレシピを作って、と一日一善のわたしですが、なんかいくつも仕事を片付けて、まるで働き者の人になったみたいです。
甲田療法の生菜食はホントにすごいです。お尻のほうも栓が抜けたみたいに・・・いや、それほどでもないか・・


さて、(と強引に話題を替えて)燃費向上グッズというのは、怪しいものからほんまかいな~?なものまで色々ございます。

わたしの車は20年前のドイツ車なので、燃費が悪いのが大変お財布に痛うございました。趣味だから、道楽だから、と目を瞑っていたけれど、やっぱり将来のお金の事など考えると「スマートに買い替えよか?」という思いがチラホラ。ブラビス仕様の天井がガバーっと開くやつ・・・
(解説:メルセデス社が日本の軽自動車みたいなサイズの車を作っている、その車種の話です。)
わたしの車は美しい。エンジンもご機嫌だ。最近道路で出会うこともなく注目度も高い。幼稚園児に指差されることもある。
そんな話を先日行き着けの山の中のコーヒー屋さんで、マスターにブツブツつぶやいていたんですね。

すると、マスターが「燃費が良くなったらいいの?」

「そりゃ、普通の道でリッター10キロ走れば良いよねえ~、マスターの車も人の車の燃費のこと言えないじゃないさ~」(マスターの車は30+α歳のメルセデス)

「実はね、うちのお客さんでね、燃費を上げるものを発明した人がいるんよ。それがね、『こんなもの売ってもらっちゃ世の中が大変なことになる』、と長い間販売許可が下りなかったんよ」と話し始めました。

ただね、ちょっと値段が高いんよ、○○万円。 え~、でも、1年くらいですぐガソリン代で元が取れるよ、きっと。

燃費向上グッズ、色々あるけれど、これって本物かも・・・

この時は水を燃やす技術や、空気でシリンダを動かして動力を得る技術(エンジンは同じもの)、エンジンオイルを交換する必要がなくなる添加剤の話など「こんなものが世の中に出回ってはマズい」商品や技術の話でしばらく二人で盛り上がりました。(どんなコーヒー屋さんや?)

そんな話をしてるうちに、マスターが電話を掛けてくれます。

「ウチのお客さんでね、興味がある人がいるんよ。ちょっと車をみてくれん?(広島弁)」
という訳で翌日の午前に車を見てもらうことになりました。

善は急げじゃ!

以下、非常に長くなるし、写真も多いので、車に興味のない方、スルーしてください。

普通食と、生菜食の写真でもどうぞ。
IMG_1332.jpg

普通食は、茄子とピーマンの味噌炒め、金平ゴボウ、豆腐、チンご飯。
生菜食は、青泥、人参と発芽玄米スープ、豆腐、塩。
普通に美味しい生菜食ですが、茄子がたくさんあるのに、食べられないのが辛い・・・

ランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 有機・オーガニック


続きを読む »