児島㐮さんの太平洋戦争。

修行に出ていて、更新が滞ってしまいました。世間は広島忌と長崎忌を過ぎてお盆に突入。
そこで色々と思い出したり、考えたりしたことを書いてみよう。

わたしの行っていた大学で、うちの学科は人数が少なく、チューターでひとクラスという感じのこじんまりした集団だった。
そこで、チューター担当の教授が、何を考えたのかわからないけれど、毎週一冊指定の本を読ませて“解説”を書くという課題を出した。
あれは何かの授業だったのかもしれない。大学生といっても高校生の延長みたいなものだから、先生に出された課題は単位になろうがなんだろうがやるべきだ、みたいなところがあって、結構大変だったことを覚えている。

とにかく、読んだこともないような分野の本には面食らった。本を買うだけでも大変なのに、それを1週間のうちに読んで、感想文じゃなくて、解説をかかないといけない。
解説って本の後ろに書いてあるアレみたいなもんでしょ?予備知識も一般教養もないのに書けるわけない。だから、解説文から丸写ししていた人も少なくなかった。当時は手書きなのでコピペもできないからね。なかなか大変だった。

書く方も大変だけど、読まされる方はもっと大変だろう。文章に繋がりがなかったりするんだから。

最初にずーっと課題になっていたのが、児島㐮さんの第二次大戦関連の著作。

今アマゾンで検索したけれど、太平洋戦争上下の他に南洋での戦闘とかの本も読んだような気がする。4冊くらいは児島先生の本を読まされた(まさに、読まされたわけですよ!)ように記憶しているけれど、定かではありません。

18歳の女の子に戦記物を読ませる先生ってなんか悪趣味な気がしたけれど、児島㐮さんの本はただ淡々と戦史に基づいて書かれている。事実だと思われるものだけで構成された本だった。

読むのは本当にしんどかった。
単純に、字を読むのがしんどいし、話の内容は訳が分からない。起こることに整合性が感じられない。なんでこんなことやってるんだ?これ、歴史やで?ナンジャコリャ?

わたしはどちらかといえば右寄り、保守。ゴリゴリのフェミニスト。愛国者であり、コスモポリタン。自国の文化があるから世界に出ていける。日本語がわかるから、外国語が学べる。

しかしね、個人の上に国家があるわけじゃない。わたしという人間と日本人としてのわたしと、日本国というシステムは同等の関係でわたしの上に日本国というシステムが存在するとは思えない。なぜなら国というシステムはいつも国民を守るとは限らないから。

それは「太平洋戦争」を読めばよくわかる。国を守るための戦争が、ただ戦争を続けるだけのための戦争へとすり替わっていくのが克明に記録されている。

大学で何を学んだか?大学に行ってなんになる?という話がよくあるけれど、わたしはこの単位にならない1000本ノックみたいな読書&解説書きのおかげで“考える”とはどういうことか?ということを学んだように思う。

そのことを大学の教員をしている知人に話したら、「それがわかれば十二分に大学に行った価値はある」と慰めてもらった。

しかし、どうして課題図書の最初が「太平洋戦争」だったんだろう?やっぱり現代日本を考える上であの戦争が実際何だったのか?イデオロギーや情を排して知る必要があると、あの京大山岳部の教授は考えたんだろうか?

毎週一冊ってわけじゃなかったかな?でも一ヶ月はなかったから、2週間くらいだったかな?文学部でもないのに本を読むのは大変だったし、本の内容はほとんど覚えてないけれど、本に書いてあるエッセンスみたいなものはわたしの人間の芯にしっかりと残っている。

学校嫌いだったけど、思い返せば良い経験させてもらったなぁ。両親にも学費の値打ちがあってよかった。
同窓会にも出ないけど、友達が集まってもあまりこの読書&解説書きの課題の話題は出ないなぁ。他の人にはどんな経験だったんだろう?

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
8月27日(日)ザワークラウトと菌活料理。
平日コースは日程調整中。お盆休み以降だね。

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。


金魚ちょうちん祭り。

夏だ祭りだ!ってわけじゃないんですが、広島に25年近く住んでるのに、まだ柳生の金魚ちょうちん祭りに行ったことないんだよな〜といつぞやわたしが呟いたらしい。(いや、覚えてるけど、ただ呟いただけなのに、覚えてる人がいるとは思わなかったよ)

「今日プレイベントってのがあるんだけど、行かないかい?」と連れ合いが誘ってくれた。

え〜、今日かぁ・・・今日、でもいいけど。帰りに岩国でタイ料理とセット?

寝巻きにしていた浴衣を半着に縫い直しているところで、裁縫の進捗次第なんだけど・・・・なんで縫い物ってこんなに時間かかるのかしら?

お祭りって夕方から始まるので、夕方までに目処をつけたら出かけられるし、幸い日も陰り始めてお出かけには悪くない時間だわ。

広島から一路柳井市へ。1時間ちょっとのドライブ。いつも柳井方面に行く時は周防大島ばかりなので、柳井市内中心部に行くのは初めてかな。白壁の町並みってのがあるらしい。甘露醤油ってのもあるらしい、くらいの知識しかない。

いよいよ金魚ちょうちん祭りデビューかと思うと胸が高鳴ります。

お祭りなので、浴衣着用。

fc2blog_20170730230645708.jpg

この浴衣は透けないから、湯文字&浴衣スリップ(膝丈)。足袋着用で麻縮みの鼻緒の下駄。帯は献上柄の半幅を割り角出しに。
帯板を省略する人が多いけど、帯が傷むような気がして、帯板入れてます。ヘチマの帯板は蒸れなくていいよ。一年中使ってます。

ちょうちん。
fc2blog_20170730230708735.jpg

柳井市のマンホール可愛い。

fc2blog_20170730230725e96.jpg

消火栓だって・・・持って帰る不届きものが出たりしないか心配なくらいの可愛さです。

fc2blog_2017073023074332a.jpg

こちらだってたまらない可愛さ。

fc2blog_20170730230803229.jpg

白壁の町並みに金魚ちょうちん。

fc2blog_2017073023081996d.jpg

火が入ってまたいい感じ。

fc2blog_20170730230837707.jpg

白壁の町並みだけじゃなくて、駅から白壁の町並み方面にかけてちょうちん祭りの雰囲気がたっぷりでした。

金魚ちょうちんは青森のねぷたを真似して作ったんだそうですが、江戸後期ごろから始まったんだそうです。柳井は塩の交易で栄えた土地なので、津軽と交易があったのかもしれません。色々なちょうちんじゃなくて、金魚オンリーというのがいいなぁ。

金魚好きの人は是非!
第26回柳井金魚ちょうちん祭り

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
8月27日(日)ザワークラウトと菌活料理。
平日コースは日程調整中。お盆休み以降だね。

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。

夏着物美術旅その3。なぜか桑名美食巡り。

広島から行けば名古屋も桑名もにたようなものなので、桑名のハマグリを食べに行かないか?といとこに提案したら、行く気満々。車で1時間くらいだから行く〜!とえらいテンション。

いとこのおかげで念願の桑名美食旅が今回の美術ツアー後半を彩る最大のイベント。

いとこは着物の私のためにエアコンガンガンにしてくれて助かる。外は降ったり止んだりのはっきりしないお天気だけど、照らないので車が焼けなくてこれも助かる。

いとこは車で遠出しないので、ナビもETCも付いてないからスマホにナビをお願いする。これやると電池すぐなくなるね。

まずはお昼ご飯に千とせの蛤御膳。

fc2blog_20170727211158230.jpg

うわぁ〜、蛤ってでっかいね。あさりとはえらい違いだ。これがホントの桑名の焼き蛤!感動しました。

ご飯は時雨煮が載っていて、お茶漬けにできる。
fc2blog_20170727211216434.jpg
徳利に入ってるのは薄味のお出汁で、素晴らしいバランスでした。

fc2blog_201707272112370fb.jpg

今の季節のおすすめ、とうもろこしの天ぷら。何よりもとうもろこしが好きないとこは大喜び。あんた、変なもの好きだね。私はスイカが好きだけど、茄子も好き。

不思議なご縁でFacebookでお知り合いになった千とせの女将さん、可愛らしくて素敵な方でした。
お料理はもちろん無化調。お漬物も時雨煮もお店で手作り。

お漬物が自家製だったらそれだけでと〜っても大事にしてもらってる幸せを感じます。自家製のお漬物を出してくれるお店って本当にありがたい。これこそ“おもてなし!”だと思うのよ。

食事が終わって、一緒に写真を撮って、大将ともお話して・・・

fc2blog_20170727211912a93.jpg

女将さんは大層美しい方ですが、大将もいい感じの人だなぁ〜。この人のお料理はそりゃ美味しいよなぁ〜。料理も人が作るから、美術を見に行くのと一緒で、料理も食べに出かける楽しみだなぁ〜。

いとこはとっても気に入って、今度は連れ合いとおじいちゃんと一緒に来る!と再訪する気満々でした。

この後、半平やさんで晩ご飯の練り物を購入。

fc2blog_20170727212254400.jpg

一路桑名駅に戻り、ナナイロコーヒーでコーヒーを飲んで、

fc2blog_20170727212414d45.jpg

桑名駅でいとことお別れをしたのでした。

いや〜、桑名って良い店がいっぱいあるな。名古屋からすぐ近くなのにこのマッタリ感はなんだろう?いいところだなぁ〜。

この日は降ったり止んだりなのに、外を歩く時は本当に雨が降らなくて、桑名から名古屋に行く時に降り始めて、名古屋の新幹線のホームで土砂降り。新幹線が遅れるんじゃないかしら?と思うような雨でしたが、幸い遅れもなく、8時くらいには家に着いたのでした。

いや〜、遊んだ。真夏の着物旅、いとこを洗脳することには失敗しましたが、あれこれ楽しみました。
お付き合いくださったたこさん、いとこ、お店のみなさん、大変お世話になりました。ありがとうございました。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
8月27日(日)ザワークラウトと菌活料理。
平日コースは日程調整中。お盆休み以降だね。

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。


夏着物美術旅その2。いとこと豊田市美術館

たこさんと高円寺で別れて、一路名古屋へ。

名古屋あたりで一人で泊まるつもりだったのに、いとこが豊田まで来い、一緒に泊まろう、と言う。え?家があるのにホテルなの?ま、家に呼ぶのは色々面倒だもんね。

と言うわけで、いとこは東山線のなんたらと言う駅まで迎えにきてくれて、途中でお蕎麦を食べて、豊田市のビジネスホテル。

大浴場でお風呂に入って、四方山話。

翌日朝、カッコよく着物をシュシュシュ〜っと着て、「きもの着るの難しくないわよ〜、ほら、こんなに簡単〜」とかっこいいところ見せようと思ったのに、前日に豆さんのところで買った帯は柄がうまく出なくていい格好するどころじゃない。

結局来た時と同じ帯でいざ、奈良美智!

fc2blog_20170727201955fd0.jpg

「ここはもともと小学校があったんだ。美術館とか、サッカー場とか、反対運動に署名した」とか、「豊田市は金があるから建物がすごい」

fc2blog_201707272020224f0.jpg

美術館は黒川紀章先生のお作だそうです。

fc2blog_201707272019364e5.jpg

正面に大きなポスター。

チケット売り場と入り口が無駄に離れていて、なんだかなぁ〜。たくさん歩かされます。

入り口すぐの展示は奈良さんのコレクション。壁面いっぱいにレコードジャケットが展示されていて、奈良さんの青春を同じように追体験する。同じようなレコード、同じような本。あぁ、この人はこんな本を読んでたんだ。レコード、あれもこれも私持ってるよ。よく聞いたよ。

胸が掻き毟られるような切ない気持ちでいっぱいになって、次の展示室に入ったら、怒った目をした子供の絵。

私はいつも怒ってた。制御不能な不満や忿怒をどうにか抑え込んでやっと生きていた。この絵のような子供だった。絵の子供の怒りや残酷さの意味がわかるよ。よく知ってる気持ちだよ。

いや、これは私の勝手な思い込みかもしれません。

私はそれほど熱心なファンではないのですが、大層楽しんだ展でした。あまり美術に興味のないいとこは「わたしたち二人だけかと思ったら、たくさん人がいてびっくりした!」と何度も言ってたよ。人気の美術家さんなんだよ〜。

この展、きっと後半はすごい混雑になるんじゃないかしら?行くなら平日。平日が無理の人は早いうちにお出かけください。

お腹いっぱいになっていとこの運転する車で一路桑名へ。

これ、本社だよ。
fc2blog_20170727202115f12.jpg

おぉ〜、世界的大企業の本社。交差点の地名表示がありえないので、お出かけの時はお楽しみに。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
8月27日(日)ザワークラウトと菌活料理。
平日コースは日程調整中。お盆休み以降だね。

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。


夏のキモノ美術旅。その1。たこさんと沖ノ島展

藤原新也さんの沖ノ島神宿る海の正倉院展の招待券を2枚頂いた。

うぅ〜東京だよ。でも行きたいなぁ〜。連れ合いを誘うと「時間がない」という。あれ、キミが行かないんなら、豊田市美術館とセットでツアーしよう。

どなたをお誘いしようかしら〜?そうだ、たこさんご興味おありかしら?ご多忙で無理かしら?とお誘いしてみたら「行く〜」とのお返事!やった〜。そんじゃキモノで行きましょう〜。夏の着物は枚数もアイテムも少ないので、コーデのしがいがあって楽しいざんす〜。

暑いのは服もキモノも一緒!デパートの中も新幹線も電車も冷房効きすぎくらいだから、キモノの方が冷えないしぃ〜、雨だけだな。雨。

ここは気合で「雨には降られません!」と決めて前の日からちゃんと準備して、出かけてきた。
イソイソ。
fc2blog_20170727180034b09.jpg

帯は角出しにしてみたんだけど、ちゃんとできてるかどうかはわかりません。見えないし。
柄のない帯は結びやすくていいね。

高島屋の二階にあるレストランを予約しておいて現地集合。キモノ旅は涼しいところで座って待つのがいい。
だいたい同じ時間に東京駅について、私の方が先に店に入ってた。

デザートはマンゴープリンにココナツアイス。
fc2blog_20170727175811465.jpg

沖ノ島展は8階。
fc2blog_20170727175920527.jpg

行列するほど人が入ってるか心配になったけど、それほどでなく。藤原新也さんの独特のブルー、独特の赤。
オカルトとかスピとかはお好きではない藤原さんは命の本質を見つめておられるのでスピやオカルト方面の言葉をお使いにならないのだろう。だけど、藤原さんをスピリチュアルなグルとして崇拝する人はたくさんいてると思う。
写真はほとんど経典みたいだもの。

個人的にびっくりしたのはこちら。

fc2blog_20170727175941940.jpg

どれくらいの大きさなんだろう?8世紀のものらしい可愛い織り機。ちゃんと糸が掛かってて、布が織ってあるのだけれど、この布の緻密なこと!普通のミニチュア織り機にはもっとざっくりした布を織ってるんだけどなぁ〜。8世紀から布も糸も掛かってるままなのかしら?そんなわけないよねえ。だれがメンテナンスしてるのかしら?縞とか変えちゃったらダメとか、決まりがあるのかしら?

解説文
fc2blog_20170727180009aaf.jpg

持ってきちゃう藩主も藩主だけど、鳴動して光るって?!鳴動って?
なんだか、杉浦日向子さんの漫画みたいです。

いや〜、人も多かったけど、行ってよかった。

満腹したわたしたち、高島屋の中でいろんな方に「キモノいいわね〜」と声をかけられますが、たこさんは本当に素敵で思わず声をかけたくなるようなお姿でございました。みなさん、たこさんにご注目でした。

さて、日本橋から東西線に乗って、着物の二人は高円寺へと向かい、大好きな豆ぶどうさんで理性をぶっ飛ばしたお買い物。

気の狂ったオクサマは紫の夏帯を一本と、半幅。それに帯締めを一つお求めになられました。

荷物が増えてふーふー言いながら、駅に向かう途中でお茶。

fc2blog_20170727180055e2c.jpg

たこちゃんとのおしゃべりも楽しく、名残惜しく高円寺でお別れして、ワタクシは愛知県へと向かったのでありました。

一番暑かったのは、東京駅の新幹線ホームで新幹線を待ってた時。指定席なんだから冷房の効いた待合室にいたらよかったよ。油断したらあきません。

帯の下が・・・かゆい。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

~~料理教室のご案内~~
8月27日(日)ザワークラウトと菌活料理。
平日コースは日程調整中。お盆休み以降だね。

平日・日曜日、どちらのクラスも新規生徒さん絶賛募集中です。右下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。
個人レッスン、短期集中講座はご相談ください。
教室は広島市です。